エビ中・安本彩花、初の写真集発表 悪性リンパ腫公表から1年「恩返しするなら今しかない」<彩aya>

【モデルプレス=2021/09/18】私立恵比寿中学の安本彩花が、10月29日に初めての写真集『彩aya』を発売することが発表された。

◆安本彩花「恩返しするなら今しかない!」

2020年10月29日、悪性リンパ腫の診断を受け休養して闘病することを発表し、2021年4月5日に症状が落ち着いたことを意味する寛解を報告し
見事復帰を果たした安本。

悪性リンパ腫の治療に入る1年前にも、心身ともに不安定な状態が続いたため休養しており「その時からファンの方々をお待たせしていることがずっと心の中に引っかかっていた」と語り、「恩返しするなら今しかない!」と写真集の出版をマネージャーに直談判し、その願いが実現。悪性リンパ腫公表から1年が経つ2021年10月29日が発売日となった。

◆安本彩花だから表現できる姿

今回解禁となったのは、表紙と収録カット5点の合計6点。自身が闘病中に勇気づけられたInstagramで見つけた海外女優の写真のように、ハイトーンのベリーショートヘアにブラックドレスを纏うその凛とした姿は、大きな病気を乗り越えた彼女だからこそ表現できる1枚となっている。

ほか、強い眼差しでどこか儚いカットや、彼女のトレードマークでもある無邪気な笑顔カット、闘病中過ごした実家でのリラックスした表情なども解禁。

「誰かに勇気や自信を与えたい!」という想いが込められ、安本のセルフプロデュースによって制作された同作。自身の名前の一文字であり、写真集のタイトルにもある通り、様々な表情が“彩り”鮮やかに切り取られ、より自分らしく“生きていく”彼女の姿をとらえている。

◆インタビューも掲載

そして、同作には約1万字に及ぶロングインタビューも掲載。病名の告知から壮絶を極めた闘病生活、一度はよぎった芸能活動引退を引き止めた「エビ中」の存在、ファンへの感謝、ずっと寄り添い支えてくれた両親への想い、今の私ならどんなことだってチャレンジできると語る今後の目標など、その包み隠さず語られる胸中に、ファンならずとも強く惹きつけられるインタビューとなった。

なお、同作の発売記念イベントも開催予定。(modelpress編集部)

■安本彩花コメント

坊主姿になった時、自ら髪を剃り上げてレッドカーペットやランウェイを歩くかっこいい女性たちにすごく勇気をもらいました。

私も誰かに勇気や自信を与えたい!そんな想いを込めて、素敵な女性スタッフの皆さんの協力のもとセルフプロデュースで制作させて頂きました!

ありのままの自分を好きになれた私だからこそ表現できた渾身の一冊です!

是非たくさんの方に手に取って欲しいです!

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/18 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます