【読めそうで読めない】「睥睨」の正しい読み方は?「ひげい」は間違い?

拡大画像を見る

第164回は「睥睨」です。



■「睥睨」の正しい読み方は?


漢字「睥」は訓読みで「にら」「ながしめ」などと読みます。
漢字「睨」は訓読みで「にら」「かたむ」などと読みますが「睥睨」は何と読むのでしょうか?

小学館のデジタル大辞泉によると、「睥睨」は、


〔名〕
1 にらみつけて勢いを示すこと。「天下を―する」
2 横目でじろりとにらみつけること。


■正解は……?


「へいげい」と読みます!

例えば、

「対戦相手を睥睨して威嚇する」
「スタート地点に立ち、周りを慚愧する」

などと使います。


今回は、読めそうで読めない漢字「睥睨」をご紹介しました!

スマホやパソコンの普及で、書けなくても読めればなんとかなる時代ですが、いざという時に読めないと恥ずかしい思いをすることも……。

ぜひこの機会に覚えて使ってみてくださいね!


読めそうで読めない漢字クイズを更新中!

(渋谷区OLちゃん)

※解答は複数ある場合がございます。

関連リンク

  • 9/17 10:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます