2人の選択。明るい未来へ宿れ、言霊!【LINE事件簿 #158/嘘から出た実 7】

どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「嘘から出た実」をみなさんにご紹介します。

「嘘から出た実」その7


翔子さん(仮名:24歳)と壮太くん(仮名:26歳)は付き合って約1年になりますが、翔子さんの気に入らないことがあると「もう別れるっ!」と言うわがままな振る舞いが原因でケンカをしていました。

そんなある日。翔子さんが一緒に飲みに行った会社の同僚コウジくんにカラオケBOXから帰してもらえないというトラブルが発生!壮太くんにSOSを送り、救出に来てもらい事なきを得ました。

探偵「その後、お2人はどうしたのでしょう?」

依頼人「あれから1週間後の週末に会って、お互いの考えをぶつけ合って話したそうですよ」

あのカラオケBOXの日以来の翔子さんと壮太くん。2人は、とある公園のレストランのテラス席で会いました。ここはデートで何度も訪れた思い出の場所です。

翔子「あのね、まずは私から言わせて。今回は迷惑と心配をかけて、本当にごめんなさい。そして、これまでの自分がいかにわがままで自分勝手だったか……。改めて、ごめんなさいっ」

壮太「とにかく、翔子が無事で本当に良かったよ。LINE見た時はほんと焦ったんだから。これはいつものわがままと違う!って」(笑)

翔子「あの日、カラオケBOXでコウジくんにも言われたの。『あー、面倒くせぇ女だなっ!』って。ほんとに普通の人ならそうなるよね」

壮太「だろうね。翔子に振り回されるのは並大抵のことじゃないからね(笑)」

翔子「だから、分かったの。自分がどれだけ壮太くんの『しょうがないなぁ~』に守られていたか」

壮太「おっ!やっと分かってくれた?それだけでも大きな成長だな」

翔子「だから、できればこれからも一緒に……」

壮太「ごめん、俺たちはここまでにしよう……

翔子「……やっぱり、そうだよね。なんか、そう言われる気がしてたんだ」

壮太「そっか……」

翔子「いいよ、わかった。だって、私、今までたくさん壮太くんに『もう別れるっ!』って言ってきたもんね。だから、壮太くんが『もう別れるっ!』って言うならそうするよ」

壮太「……ありがとう」

翔子「私も……、ありがとう。先、行くね」

そういって公園を後にした翔子さんは、しばらくの間、あてもなく夕暮れの街を歩いていました。街のイルミネーションが灯り出した頃、LINEが届きました。壮太くんからです。



翔子さんがLINE画面から顔を上げると、街のイルミネーションはすっかり滲んでいました。

探偵「言霊ですねぇ。しっかり壮太くんの心の中に恵子さんの言葉が宿りましたね」

依頼人・恵子「えっ?いやいやそんな……。でも彼、この一件以来グッと男らしくなったんですよ。先輩としては後輩の成長は嬉しいもんです」

探偵「なるほど。では、恵子さんと壮太くんの関係も、嘘から出た実となりそうですか?」

依頼人・恵子「さぁ、それはどうですかね。彼が『そうしたい』っていってきたら考えようかしら。フフフ……」

ま、これ以上の詮索は野暮というものですね。口は禍の元とならないうちに……。

連載「LINE事件簿」は毎日更新中!

(LINE探偵)

※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/17 14:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます