四千頭身「テニプリ」劇中ラップ挑戦 マフィアから「2点」

拡大画像を見る

 お笑いトリオ・四千頭身が18日、都内で行われたアニメ映画「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」大ヒット御礼舞台あいさつで司会を務め、ラップを披露した。

 テニプリの愛称で知られる人気コミックを原作の許斐剛氏が製作総指揮となり映画化。公開3週目を迎え、客席には25回目の鑑賞となる熱烈なリピーターも来場した。

 四千頭身は都築拓紀(24)が原作ファンであることが縁で公式応援団に就任。劇中で主人公とマフィアたちが歌唱したラップに挑戦した…のだが、マフィア役の武内駿輔(24)は100点満点で2点だと辛口評価。ラップ好きの後藤拓実(24)は「そんな点がつく世の中ですか?」と困惑していた。

関連リンク

  • 9/18 15:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます