【中京5R新馬戦結果】インディチャンプの妹ラキエータが人気に応える

拡大画像を見る

 18日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・10頭)は、好位集団でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気ラキエータ(牝2、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、2着の5番人気ダイヤモンドフジ(牡2、栗東・宮本博厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒7(不良)。

 さらに3馬身差の3着に3番人気ウェルメイド(牝2、栗東・庄野靖志厩舎)が入った。なお、2番人気クリノマジン(牡2、栗東・高橋義忠厩舎)は4着に終わった。

 勝ったラキエータは、父キンシャサノキセキ、母ウィルパワー、その父キングカメハメハという血統。半兄に19年安田記念など重賞4勝のインディチャンプ、半姉に20年シルクロードS勝ち馬アウィルアウェイがいる。

関連リンク

  • 9/18 12:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます