子猫を保護したら… 数日後の姿に「涙が出てきた」「ずっと見ていられる」

拡大画像を見る

2021年9月に、1匹の子猫を拾った、なず(@ianpoke210)さん。

道路の真ん中に落ちていた、まだ目が開いたばかりの子猫を保護し、病院へ連れて行くなど、献身的に世話をしました。

なずさんに拾われた子猫は、すくすくと成長します。ミルクを飲む量が増えて、歩けるようになり、顔付きがしっかりとしてきました。

なずさんは、子猫の愛らしさにメロメロ!100円ショップで購入したポーチに抱っこひもを付けて、子猫を入れる用の袋を手作りしたといいます。

子猫は喜んでくれたのでしょうか…。子猫の反応が、ひと目で分かる動画がこちらです!

とても幸せそうな表情で、ポーチの中でくつろいでいる子猫。

子猫は、もふもふとした袋に包まれているのが落ち着くのでしょう。なずさんいわく、このポーチに入っている時は、大人しいのだそうです。

体が小さい時期ならではの光景に、心をわしづかみにされた人が続出しました。

・かわいすぎて涙が出てきた。

・悶絶した。ずっと見ていられる。

・カンガルーの子供みたい。猫って有袋類だったんだな…。

家事の合間に、下を覗くたびに子猫の様子をうかがえて、癒されそうです。

子猫は、なずさんからの愛情を受けて、これからも元気いっぱいに育つことでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @ianpoke210

関連リンク

  • 9/18 12:14
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます