逝去・三浦春馬さん、4か月ぶりNHK『せかほし』放送で運命的な「青」のシンクロ

拡大画像を見る

 9月20日、NHKの紀行番組『世界はほしいモノにあふれてる』のスペシャル第2弾「―BLUE― 色をめぐる旅」が放送される。同番組は18年4月に三浦春馬さん(享年30)とJUJUがMCを務める番組として始まった。

 昨年7月に急逝した三浦さんに代わって鈴木亮平(38)が2代目MCに就任したが、コロナ禍で番組の趣旨である「世界をかけるバイヤーに密着」というロケが困難になり、今年3月18日にレギュラー放送が終了。5月3日にスペシャル第1弾「世界一周!アウトドアライフをめぐる旅」が放送されてから、今回は4か月ぶりの放送となる。

「《ブルー大国トルコに、ロイヤルブルーのイギリス!モロッコでは謎の青い民を大捜索!》と予告されているように、“青”にフォーカスした回です。この“青”に、三浦さんのことを思い出さずにはいられない、という声が上がっているんですよね」(女性誌記者)

 三浦さんの遺作となった映画の1つが『ブレイブー群青戦記ー』と“青”が入っていたことを思い出す声もあるほか、そもそも三浦さんの好きな色は“青”だった。10代のころ『ズームイン!!朝!』(日本テレビ系)で好きな色を「青」としていたほか青い服を着ることも多く、「三浦春馬=青」というイメージがあるという。

「自著『日本製』(ワニブックス)も表紙は紺色の無地、帯の三浦さんは青い服を着ていました。13年の『ラストシンデレラ』(フジテレビ系)でも、鮮やかな青いコートが似合っていた。『せかほし』でも、青にちなんだエピソードがあるんですよ」(前同)

■「運命のジュエリー」は美しい青だった

『せかほし』は19年4月4日に「生放送!春SP三浦春馬とJUJUが旅に出る! パリ・ロンドン」という企画を放送していた。

 ふだんは番組がバイヤーに密着した様子をVTRで紹介するのだが、このSPは三浦さんとJUJUが現地を訪れたVTRを、本人たちがスタジオで鑑賞する生放送企画。ちなみに、このロケで着ていたのも紺に近い青系統のスーツだった。

「この回で、三浦さんは世界のジュエリーの中心地と呼ばれるフランスはパリのヴァンドーム広場を訪れました。かの皇帝ナポレオンも利用した1780年創業の老舗店などを訪ねたんですが、三浦さんはパリで“運命のジュエリー”との出会いを果たしたんです」(ジュエリーデザイナー)

 三浦さんはジュエリーデザイナーのマリエ・ウエストンさんと一緒にいろいろな天然石を持つ人々を訪ねたが、最終的に選んだのはスリランカで発見された「ブルームーンストーン」だった。見る角度で青の色合いが変わるし、白色にも見える、神秘的で美しい石だ。

「変化に富んでいるから表現する人間として、“この役どころではこんな表情を見せたい”“1年後の役どころではすごく妖しく光ってみたい”とか、いろんな意味を持たすことができるんじゃないか」

 という理由でブルームーンストーンを選び、さらに誕生石のダイヤモンドとサファイア3石もあしらった、左手の小指につけるシグネットリングを作ったのだ。

「この回は、8月27日に発売されたDVD&Blu-rayの第2巻に収録されていました。この回も入れて“とっておきの10話”として三浦さん、JUJU、鈴木の特典映像が収録さていて、これを見ながら三浦さんを偲ぶ人も多いですし、“DVD第2弾を!”“DVD化が難しいならせめて再放送を”という声も少なくありません」(前同)

 いつか、在りし日の三浦さんがMCを務めた初回から『せかほし』を再放送してほしいーー。

関連リンク

  • 9/18 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます