まるで本物のミニチュア作品大集結! 「ミニチュア写真の世界展」開催

拡大画像を見る

 BACON(べーこん)とMARK IS みなとみらいは9月18日~10月3日の期間に、本物かと見間違うほど精巧に作られた、ミニチュア写真の合同写真展&物販展の最新作「ミニチュア写真の世界展 in 横浜みなとみらい」を、MARK IS みなとみらい(神奈川県横浜市)5階の特設会場で開催する。入場料は600円で、小学生以下は無料。

 「ミニチュア写真の世界展 in 横浜みなとみらい」では、Instagramでフォロワー6万人を超える「りっこ(@mysiderikko)」、本物のサボテンを使用したミニチュア作品が話題の「くるみガーデン(@kurumi_garden)」などを迎えるほか、横浜初展示となる「スタジオブルーエ(@studio_blue0318)」が、パン屋とブックカフェの立体作品を初披露する。
 さらに、ミニチュアアニマルシリーズが人気の「Chip2007(@chipchip2007)」や、個展も開催するほど人気の「Qoomel(@piccolatorta.qoomel)」といった新進気鋭のクリエイター陣が新たに2組登場するなど、総出展者は41組を予定している。
 会場では期間限定でミニチュアアートの制作を体験できる特設コーナー(別途参加費が必要)が併設される。「Chip2007」の新作ミニアニマルシリーズや、「kodamama(@kodamama1106)」のミニチュアケーキ作品、「ミヤケ千夏(@mini_chinatsu)」のりんごケース入り限定アクセサリなど、ハンドメイドのミニチュア作品を購入可能なミニチュアスーベニアショップも登場する。
 なお、来場者のうち先着2000名には、限定の「くるみガーデン」特製「小さな世界が楽しめるポストカード」がプレゼントされる。
 営業時間は11時~19時で、最終入館は18時45分。

関連リンク

  • 9/18 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます