平子理沙、元夫・吉田栄作&内山理名「結婚秒読み」報道で脚光の“熟ボディ”

拡大画像を見る

 先ごろ、「週刊女性」により“結婚秒読み”であることを報じられた、俳優・吉田栄作と、女優・内山理名。

「双方の所属事務所は結婚について同誌の取材に対し、『プライベートのことは本人に任せております』としていますが、約4年間の交際を経て吉田の方は慎重になっていたものの、子供好きな内山が40歳を目前に結婚・出産を意識したことから、ここへ来てゴールインが現実味を帯びてきたといいます」(芸能ライター)

 吉田は次が再婚となるが、9月14日の「NEWSポストセブン」では、吉田の元妻でモデルの平子理沙の最近の様子を、写真とともに伝えている。

「吉田と平子は1997年に結婚し、2015年に離婚。記事ではその後、熱愛の話題がこれといってない平子は“美容道”を邁進しインスタで人気を得ていることを伝えています。写真では、ピンクに髪を染めた彼女がクルマに乗り込む姿が捉えられており、50歳とは思えないスタイルの良さですよ」(芸能ライター)

 その注目を浴びるインスタグラムを見てみると、確かに“奇跡の50歳”と言っても過言ではない美ボディ写真ばかりだ。

「9月15日にアップされているのは甥っ子と凧揚げを楽しむ短パンジーンズでの後ろ姿ですが、引き締まったヒップとスラリと伸びた色白の美脚は20代。春先にはイタリアブランドの肌着姿を披露し、柔らかそうな推定Eカップのバストの渓谷を露わにしてくれています。ヨガで鍛え上げられたボディの内山もいいですが、抱き心地が良さそうな平子の熟ボディもイイ…勝手な妄想に駆られてしまいます(笑)」(芸能ライター)

 平子には、もっとテレビ出演などで妖艶さを振りまいてほしいものだが。

関連リンク

  • 9/18 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます