駒田徳広が明かした巨人・あの「対近鉄」日本シリーズ奇跡の逆転優勝“裏”

拡大画像を見る

 1989年のプロ野球日本シリーズ・藤田元司監督率いる巨人対、仰木彬監督率いる近鉄バファローズの結末は劇的だった。

 初戦から3連敗で追い詰められた巨人。対し第3戦に先発して好投した近鉄・加藤哲郎氏が「フォアボールさえ出さなかったら打たれそうな気がしなかったんで、まあ、たいしたことなかったですね」「シーズンの方がよっぽどしんどかったですからね、相手も強いし」などと巨人を見下す発言。これに巨人ナインが奮起して第7戦までもつれ込み、2回表、巨人は先頭打者の駒田徳広氏が本塁打。「8対5」の乱打戦を制して逆転日本一を遂げた。

 その駒田氏が、巨人三本柱として活躍した槙原寛己氏のYouTubeチャンネル「ミスターパーフェクト槙原」に出演(9月9日付)。当時を振り返り、実は加藤氏の暴言が起爆剤ではなかったと予想外の言葉を口にした。

 駒田氏は3連敗後の夕食の際、当時、巨人で1軍投手コーチを務めていた中村稔コーチから「今、監督が務臺さんに会いに行った」と告げられたのだそうで、「コレが1番こたえた」という。当時の読売新聞名誉会長・務臺光雄氏に、藤田氏があのタイミングで挨拶に赴くということは、十中八九、“辞任”を決意したことの表れとし、駒田氏の中で沸きあがった「(リーグ)優勝したのに、こんなことになっちゃって」「それだったら2位で終わってた方が…」といった釈然としない思いが、バットに火を吹かせたのだという。

 この結果を受け藤田氏は監督継続となるわけだが、当時の主砲であり現在の巨人監督の原辰徳氏も駒田氏同様、「藤田信者」であったことが槙原氏の口からも明かされており、藤田氏の人柄が招き寄せた日本一であったことが分かる、見応えのある動画だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 9/18 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます