沢口靖子は「30年共演NG」!?“暴言”で田原俊彦も「好きじゃない」!「ドス黒すぎる武田鉄矢」!!

拡大画像を見る

 主演映画『科捜研の女 -劇場版-』が9月3日に公開され、デビューから37年経っても第一線で活躍を続ける女優の沢口靖子(56)。1984年の第1回『東宝シンデレラ』でグランプリに選ばれて芸能界入りを果たした沢口だが、9月14日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、デビュー当時のの“恩人”との確執を伝えている。

「沢口は、『東宝シンデレラ』の選考で武田鉄矢(72)の猛プッシュもあってグランプリに輝いたといいます。その後、1984年7月に公開された武田主演の映画『刑事物語3 潮騒の詩』で沢口はデビューしたのですが、新人とあって演技に苦戦。

 沢口は、監督やスタッフからも厳しいことを言われたといいます。そんな中で武田は沢口に対して、飲酒の強要や、今ではセクハラ、パワハラと見なされる行為を働いていたというのです。そのせいで、沢口は撮影中に大阪の実家に帰ってしまい、男性不信になったといいます」(女性誌記者)

『刑事物語3』以降にも共演の機会はあったが、ここ30年以上、沢口と武田の共演がないため共演NG説も出ているという。ただ、今回の『週刊女性』の報道に対しては、武田と沢口双方の事務所が否定。武田の事務所は、京都の撮影所で2人が顔を合わせる機会があり、お互いに差し入れをすることもあると説明。沢口の事務所に至っては「事実無根」とコメントしている。

 そんな“確執話”が報じられた武田は、『3年B組金八先生』(TBS系)で熱血教師・坂本金八を熱演し、2017年10月からはBS-TBSで放送されていた『水戸黄門』では6代目水戸黄門を演じた。

「演じた役の影響もあって人格者というイメージがある武田ですが、意外にも黒い部分があって、彼のことを嫌っている人の話も聞こえてきます。『3年B組』のOBですら嫌っている人がいるほどですね」(女性誌記者)

■沢口だけじゃない!? 疑惑の“黒い”武田鉄矢

 武田を嫌うOBというのは、1979年10月から放送された第1シリーズで沢村正治役を演じた田原俊彦(60)だ。

「田原は、2015年8月放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)にゲスト出演した養護教諭・本田知美を演じていた高畑淳子(66)から、“金八先生の会”という集まりに出ていないことを指摘されます。すると田原は、この集まりに参加しない理由について“武田さんはあんまり好きじゃないんですよ”ときっぱり。あまりにもはっきり答えすぎたので、高畑も驚いていましたね。

 2015年3月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した武田は、撮影に集まったたのきんトリオのファンに対して“あの人たちは街灯に集まる蛾です”と暴言を吐いた、とのエピソードの真偽を問われました。

 武田は、“そういうことがあったかもしれませんね”と事実を認めていました。田原からすれば、自分の大切なファンを武田にけなされた過去があるわけですから、嫌うのも無理ないのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 2001年10月から放送された『金八先生』第6シリーズで、性同一性障害の鶴本直を熱演した上戸彩(36)は、2011年3月に放送された『金八先生ファイナル』に出演しなかった。

「『ファイナル』は過去32年間の生徒役から約150名の卒業生が出演したのですが、上戸はいつまでも先生気取りの武田が苦手で出演を断った、との報道もありました。『金八先生』は上戸にとって、ブレイクのきっかけとなった作品。そのドラマの最後に出ないくらいですから、よほど嫌いな可能性も考えられますね」(前同)

■ゴルフのスライスボールに「あーそれ貧乏人だよ」

 2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』などで武田と共演経験のある桐谷健太(41)は、今年9月1日に放送されたTOKIOの番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、武田からかけられた辛辣な言葉を明かしている。

「桐谷は以前、武田と会った際“お前、ゴルフやったことあんのか?”と聞かれたといいます。桐谷はプレー経験があるものの、打ったボールがすべて利き手の方向に曲がってしまうスライスになってしまうと答えたそう。

 すると、武田は“あーそれ貧乏人だよ”“お前それ貧乏人ってことだよ”と、突然桐谷を貧乏人扱いしたといいます。桐谷は大先輩の武田といえ、内心“なんでそんな酷いこと言われなあかんの”と思っていたそうです。桐谷は笑い事として話していましたが、番組で話すくらいですから、いきなり自身を貧乏人扱いした武田に、今も何か思うところがあるかもしれませんね。

 また、桐谷同様『龍馬伝』で武田と共演している福山雅治(52)も武田の上から目線の演技指導にうんざりしていた、との報道がありますね」(前出の女性誌記者)

 ちなみに桐谷は、なぜ武田が“貧乏人”と言ったのか、いまだに理由が分かっていないという。

「武田は金八先生や水戸黄門のイメージとは異なり、実際の人柄にはドス黒な部分もあるようです。それは多分に本人も認めているところのようですが、ただ、そうした人間臭い部分があるからこそ、高潔な役をやったときの演技に深みが出てくるのかもしれませんし、一概に悪いとも言い切れない。人間、いろんな面がありますからね」(前同)

 俳優としての実績と力量は間違いない武田。これからも感動作を残してほしいものだが……。

関連リンク

  • 9/18 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます