香里奈の新CM「何かがおかしい」!? “強烈違和感”を訴える声が続出したワケ

拡大画像を見る

 モデルで女優の香里奈(37)が出演する新CMがにわかに注目を集めている。

 そのCMとは、大阪王将の冷凍食品シリーズ『羽根つきスタミナ肉餃子』。9日より全国で放映が開始されると、ツイッター上には「何かおかしい」「まぁまぁしんどい」「どうにかなりませんか?」「違和感しかない」といった視聴者からの訴えが相次いだ。

「CMの設定は、同僚の家で開かれた餃子パーティに招かれた香里奈が《大阪王将の羽根つき餃子は油がハネへん。つまり……フタがいらんね~ん!洗い物も減るね~ん!》とコッテコテの関西弁で商品の魅力を語るという内容です。美しい顔の香里奈がグワッと目を見開いた‟顔芸”の威力も相まって、インパクト十分の仕上がりですね。

 一方で視聴者が違和感を覚えたのは、名古屋出身の香里奈が操る関西弁のイントネーションのようです。関東の人間からすると名古屋弁と関西弁は似ている部分があるように感じるのですが、‟はよ(早よ)”‟知らん”など共通する言い回しはあるものの、方言としてのジャンルやアクセント体系は全く異なるんだとか。

 今回の香里奈の関西弁も、長澤まさみ(34)がアクの強いキャラクターを演じた『虫コナーズ』路線を狙ったあえての演出だと思いますが、一部の視聴者はやりすぎ感にムズムズしているようですね」(制作会社関係者)

 10年ほど前は、『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(12年、フジテレビ系)で木村拓哉(48)の相手役を、山下智久(36)主演『SUMMER NUDE』(13年、同局)でヒロイン役を務めるなど、テレビ中心の活躍が目立っていた香里奈。

 しかし、ここ最近はもともとのモデル業に軸足をシフトしており、昨年放送の『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で久々のドラマレギュラー出演を果たしたものの、全盛期と比べてその姿を目にする機会は減っている。

■‟大阪のおばちゃん風の香里奈”に気付かなかった人続出

「そうした露出減の影響か振り切った演技のせいかはわかりませんが、《香里奈さんということに今日初めて気づいた》《鈴木紗理奈(44)かと思ったらよく見たら香里奈》など、CMの‟大阪のおばちゃん風の香里奈”が本人だと気づかなかったという声もあります。

 香里奈は先日、急性腹膜炎にかもかり、8日に登壇が予定されていた同CMの発表会イベントをキャンセルしたことがタイムリーに話題になりましたよね。体調不良は大変気の毒ではありますが、図らずもCMの注目度はアップしたのではないでしょうか。‟違和感のあるCM=ヒキが強い”ともいえますからね」(前出の制作会社関係者)

 もちろん《香里奈の王将のCMめっちゃ好き》《美人やのに飾らなくて好感度アップ》と香里奈の新境地を歓迎する声も決して少ないわけではない。

関連リンク

  • 9/18 8:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます