菅田将暉主演「CUBE」邦画史上初“デジタルガイドブック”完成

【モデルプレス=2021/09/18】俳優の菅田将暉が主演を務める映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)から、邦画史上初となる“デジタルガイドブック”が完成した。

1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画「CUBE」。密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇るこの作品を、日本を代表する実力派俳優陣により、ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして全国公開する。

主演の菅田をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎と日本屈指の名優たちが勢揃い。謎の立方体「CUBE」を舞台に、全世界を巻き込む2021年一番“ヤバい”劇薬系密室エンタテインメントとなる。

◆「CUBE」邦画史上初“デジタルガイドブック”完成

毎月18日を「CUBE」=部屋の日と定め、毎月驚きの新情報を解禁してきた本作。今月9月18日は<部屋の日>第6弾の解禁となる。日本を代表する俳優陣に加え、星野源が主題歌を務めることが発表され、ますます話題騒然となっている本作。この度、日本映画では史上初となる「デジタルガイドブック」を作成した。

デジタルガイドブックとは映画館などに設置されているチラシを、デジタル化したもの。しかし、チラシとの最大の違いは何といっても「情報量」。チラシには入り切らない情報を、スマートフォンやタブレット端末を使って気軽に見ることができる、画期的なアイテムだ。

作品概要やストーリー、出演者プロフィールなど、映画に関する基本情報はもちろん、本作のデジタルガイドブックには、ここでしか見ることができないキャラクター写真が盛りだくさん。他にも本作の謎を解く鍵となるキーワードの解説、さらにはオリジナル版の監督であるヴィンチェンゾ・ナタリのインタビューなど、この「デジタルガイドブック」でしか見ることが出来ない情報がてんこ盛りとなっている。

なおデジタルガイドブックは本日18日より解禁される。各劇場のチラシラックに本作のデジタルガイドブックQRコードが設置され、それを読み取ると、読むことができる。

そして本作のデジタルガイドブックには、キャラクター別の個⼈SNSアカウント情報も掲載。こちらは映画の公式アカウントとは異なる、本作に登場する6人のキャラクター、それぞれのSNSアカウントとなっている。彼らはSNS上でどんな言葉を発するのか、どんなことに興味があるのか、それを知ることが物語の鍵を解く大きなヒントになるかもしれない。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/18 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます