【阪神ジャンプS予想】先行力は不可欠な要素の障害重賞競走

拡大画像を見る

 阪神ジャンプステークス、とはいうものの昨年に引き続き、通常であれば障害の重賞競走が組まれていない中京競馬場で行われるJGIII。舞台となる中京競馬場3300mコースは2角のポケットからスタートして芝コースを約2周する間に13のハードルが設けられている。

 特別に難易度の高い障害は設置されていないが、特徴的なのは最後の4角をまわってからゴールまでの間に2つの障害が設置されていること。先行力は不可欠な要素だ。普段はオープン競走しか組まれていないところに重賞級のメンバーが参戦するのだから、当たり前といえば当たり前だが、昨年はタガノエスプレッソが早め先頭からレコードタイムで押し切り、その勢いで京都ジャンプステークスではオジュウチョウサンに土をつけている。

 ◎マーニは、中京競馬場で行われた京都ハイジャンプの優勝馬。左回りは得意なようで、昨年の東京ジャンプSも強敵相手に0.4秒、6着と着順イメージほど負けてはいない。

 平地の特別戦でも先行できるスピードは魅力で、そのスピードゆえに前進気勢が強すぎる場面もあるのだが、平地競走を混ぜて使うことで、良い意味でのガス抜きができているようだ。

 中京の障害戦は未勝利戦含め、2戦2連対。牡馬としては馬格に恵まれている方ではないので61キロにはやや不安が残るが、JGIIを勝っているだけあってやむを得ないところか。

 〇サーブルオールは新潟ジャンプステークス2着馬。前半、やや折り合いに苦しむところがあって、そのためにゴール前が甘くなってしまった印象だが、逆に言えばそれでも3着以下を離しての2着確保は評価できる。

 過去に鼻出血の既往歴がある平地オープン馬が7歳からの障害転向ということで大事に間隔を空けられながら使われているものの障害馬としてのセンスはなかなかのもの。キャリアが浅い分、まだ粗削りだが、逃げ、先行馬が多く顔を揃えた今回はレースがしやすそうだ。

 ▲サトノファイターは障害競走で2戦2勝。平地2勝クラスから1年以上に及ぶ長い休養を経ての入障だったが、無難に初戦を勝ちあがると2戦目のオープンは、大逃げを打つような形で楽勝の2連勝。障害飛越が低く、難易度の高い障害に対する適性は未知数だが、中京コースなら不安はないだろう。まだ5歳でもあり楽しみな馬であることは間違いない。

 △トゥルボーは新潟ジャンプSの優勝馬。気むらな面があって安定しない成績だが、うまく流れに乗れたときは強い。引き続き石神騎手が手綱をとるのは心強い。マイネルプロンプトの実績は評価するがすでに9歳馬。ならば、前走の新潟ジャンプSで厳しいマークにあった△ハルクンノテソーロを見直す手か。

関連リンク

  • 9/18 6:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます