増田貴久主演で描く「ボイスll」へ繋がる物語、最終回後からHuluで配信

拡大画像を見る

9月25日(土)に最終話を迎えるタイムリミットサスペンス「ボイスll 110緊急指令室」から、増田貴久演じる石川透が主人公のHuluオリジナルストーリーの配信が決定。前作「ボイス」と「ボイス2」を繋ぐ”衝撃必至の事件”が描かれるという。

増田さん主演で贈るHuluオリジナルストーリー「ボイスll 110緊急指令室 LAST CALL」は、前作「ボイス」の最終回から1か月後の出来事を描いたHuluオリジナルストーリー「ボイス 110緊急指令室 CALL BACK」(Huluで配信中)の後日譚にして、「ボイスll 110緊急指令室」の前日譚。

以下、ネタバレを含みます。ご注意ください。

現在放送中の「ボイス2」の第8話で狙撃され、惜しまれながらも命を落とした石川透(増田貴久)。大人気キャラクターの突然の死にSNS上では「回想でも過去でもなく未来で会いたい…」「透ちゃんがいないボイスを見れる自信がない…」など悲しみの声が多く寄せられ、Twitterのトレンドにもランクインした。

そんな彼が主人公の「LAST CALL」は、前作「CALL BACK」で、大切な仲間を裏切ってしまった罪悪感から警察を辞職する決意をした石川が、警察に戻る“前夜” の物語。

「ボイス2」では、橘ひかり(真木よう子)の働きかけで生活安全課に異動となっていたところから始まったが、実はその背後には“衝撃必至の事件”が…。石川はなぜ警察に残ることになったのか。本作では、石川が再び警察官として歩み始めるきっかけとなった事件が描かれる。「ボイス」史上初の“ECU不在の事件”で、石川とバディを組むのはまさかの“あの人”らしく、さらに、前作からのファン垂涎の懐かしのキャラクターが帰ってくるそう。

増田さんは「ある事件をきっかけに透の存在を必要としてくれる人に出会います。なぜ警察に戻ってきたのか、戻って来られたのか。透の生きた証を、ぜひご覧ください!」と力強くコメント。

また、プロデューサー・尾上貴洋は、石川透というキャラクターが「ここまでの“悲劇のヒーロー”になったのは、『人はどこまで優しくなれるのか』『人はどこまで辛さを受け止められるのか』という大きいテーマを、我々制作陣が彼に託してみたくなったから」と語り、「そうさせたのは俳優・増田貴久の人柄と、役に向かう真摯な姿勢にほかなりません」と絶賛と感謝を贈る。

いよいよクライマックス!「ボイスll110緊急指令室」第9話見どころ


本日放送の第9話では、これまで語られなかった最凶最悪の犯人・“白塗り野郎” 久遠京介の知られざる過去が明らかになる。「なぜ白塗りをしているのか」「あの舞の意味は?」「久遠の両親は誰なのか?」――。そして、白塗り野郎の凶刃は、あのECU室員にも襲いかかり…!

Huluオリジナルストーリー「ボイスll110緊急指令室 LAST CALL」は9月25日(土)地上波放送後からHuluで独占配信(本編も全話配信中)。

「ボイスII 110緊急指令室」は毎週土曜日22時~日本テレビ系にて放送中。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 9/18 7:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます