散歩中に見つけた老犬からのプレゼント 温かいメッセージが飼い主同士の交流へ(英)

拡大画像を見る

英ケンブリッジシャーのイーリーに住むケイリー・ドリューイットさん(Kayley Drewitt、29)が9月9日、イーリーカントリーパークで生後7か月の子犬“オジー(Ozzy)”を連れて散歩していたところ、ひとつの箱を見つけた。箱の中にはたくさんのテニスボールが入っており、ボールの持ち主と思われる“ジャービス(Jarvis)”という名の老犬からはこのようなメッセージが書かれていた。

「私はもう年をとったので、お気に入りのテニスボールで遊ぶことはできません。でも若いワンちゃんたちが、このボールを使って楽しんでくれると思うととても嬉しいです。ジャービスより愛を込めて。」

「The Animal Ark Pet Services」を運営するドッグウォーカーのケイリーさんは、この出来事を地元のFacebookページ「Spotted in Ely」に紹介したところ、多くの反響があったという。ケイリーさんは「箱の存在に気づいたオジーは真っ先に頭を突っ込んですぐにボールを選びました。あの箱の中にはたくさんのボールが入っていたので、他の人も犬を連れて行って遊べるといいですね。こんなに多くの人がこの投稿を気に入ってくれるなんて信じられません。ちょっとした優しさが大きな力になるんですね」と語っている。

この投稿の後、ケイリーさんはジャービスの飼い主であるリアン・ワイマーさん(Lian Wymer、53)からメッセージを受け取ったという。リアンさんはインスタグラムでケイリーさんの投稿を見つけて連絡したそうだ。

オジーがボールを嗅いでいる姿を見て嬉しく思うも、少し複雑な気持ちにもなったというリアンさんはこのように明かした。

「ジャービスはもうすぐ11歳になりますが、重度の関節炎を患っているのでボール遊びにはもう向いていません。でも以前はとても活発な子で、どこへ行くにもボールをくわえていました。」

「主人はボールが保管されている車の後部を掃除していてそのまま捨てようとしましたが、私は反対しました。ジャービスにとって、ボールは日常生活の一部だったのです。そこで私は誰かにプレゼントしたいと思い、メッセージを書いた箱に入れて公園に置いておきました。でも新型コロナウイルスのせいで、みんな他人のものに触れることを心配しています。だからボールを拾う人はちょっと変わっているのかなと思いました。」

続けて「みんながお互いに距離を置かなければならないことを理解し、それを乗り越えたことにとても心を打たれました。願わくば、犬に箱の中のボールを取らせることに二の足を踏まないでほしいです。ジャービスが2年前にこれを見たらきっと大喜びしたでしょう」と語っている。

リアンさんからの連絡を受け、ジャービスへのお礼を届けたいと思ったケイリーさんは近く彼女と会う約束をしており、ジャービスとオジーを会わせる日を楽しみにしているという。

画像は『The Mirror 2021年9月15日付「Dog walker stumbles across heart-warming cardboard box message that ‘brought tears’」(Image: Kayley Drewitt)』『Spotted in Ely 2021年9月9日付Facebook「From Kayley-Rae #ShoutOut」』のスクリーンショット
画像はのスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 9/18 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます