「元サヤもあり?」3年ぶりに元彼と再会して、27歳女が思わずドキッとした理由

婚活に奮闘する人たちは、初デートのことをこう呼ぶ。

「婚活アポ」

ある程度仲良くなるまで、男女の約束は仕事と同様"アポイントメント"なのだ。

そんな激しい婚活市場で、数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、東奔西走する一人の女がいた。

失恋にも負けず、婚活うつにも負けず、アポ、アポ、アポの日々。

なぜって、元カレよりも素敵な人と結婚したいから……。

これは「真面目に努力すれば、結婚できる」そう信じて疑わない、早稲女・夏希の『婚活アポダイアリー』。

◆これまでのあらすじ

婚活に奮闘する夏希。裕也とデートを重ねるうちに、彼への気持ちがだんだんと大きくなっていく。そんなとき、3年半前に別れた元カレ・颯太から一通のLINEが届いたのだった。

▶前回:LINEのID交換で意外な事実が発覚!?婚活中の27歳女が体験した衝撃的な出来事

3年半ぶりに元カレと再会!


「えっ、颯太くんから連絡がきたの!?」

土曜日の午後。私は、大学時代の先輩・アキさんの家にお邪魔していた。

先週末に元カレ・颯太くんから3年半ぶりに連絡がきたことを報告すると、アキさんは興味津々で詳細を確認してくる。

「くぅ〜、ちょうど今夜デートなのね。なんか私がドキドキしちゃう。しかも、2人の思い出のお店だなんて。何かあるかもね♡」

「あはは、どうですかね。今のところゴハンに誘われただけで、それ以上のやりとりはしてませんし」

私は努めて冷静に返す。

大好きなまま別れてしまった彼から連絡がきて、正直嬉しい。けれど、無邪気に喜んで期待を裏切られたら…と、不安な気持ちの方が大きかった。

「でも、もし本当に颯太くんからやり直そうって言われたらどうするの?彼、いずれ静岡に戻って実家のお茶園継ぐんでしょ?それに夏希、アプリの…えーと、裕也くんともデートしてるんだよね?」

「はい…。取らぬ狸の皮算用ですけど、そうなったら悩ましいですね」

私は笑いながら答えるが、仮にもしそんな状況になったら、どうするのか自分でもわからない。

「ま、単純に良いと思った方に飛び込めばいいと思うけどね。後悔しない選択をするといいよ」

「そうですね…!後悔しない選択、か…」

アキさんに励まされ、私は自分に言い聞かせるように呟いたのだった。



― このお店、変わってないなぁ…。昔、2人で何度かランチに来たっけ。

18時。神楽坂のイタリアン『アルボール』で、私は颯太くんを待っていた。カウンター席に腰掛けると、急に感慨が押し寄せてくる。

「夏希!」

待ち合わせ時間を2分過ぎたころ。入口の扉が開く音とともに、懐かしい声が聞こえた。

ついに、颯太と再会。2人が話したこととは…?

「久しぶり!」

顔を上げると、そこには颯太くんの姿があった。

大好きだった優しい笑顔と、低く温かい声は当時のまま。

そこに、総合商社でバリバリ働く男特有の自信と色気が加わり、彼が纏う空気感は、あの時と少し違ったものに見えた。夏はTシャツばかり着ていた記憶があるから、ブルーのシャツの上に麻のジャケットを合わせた今日の装いも新鮮だ。

「颯太くん。…久しぶり、だね」

様々な感情が一気に押し寄せて、そう言うのが精一杯だった。


「3年半ぶりだっけ?」

「そうだよな。俺たち全然会ってなかったし。まずは、キャッチアップしよっか」

乾杯のあと、私たちは近況を報告しあった。

ブランクを感じさせないくらい自然と会話が弾み、いつもの婚活アポとは比較にならないスピードで時間が過ぎていく。私は序盤から、「この時間がずっと続けばいいのに」なんて思っていた。

「夏希は、仕事忙しそうだけど、頑張ってて偉いよな。昔から努力家だったもんなあ」

「いやいや、ボチボチよ。そういう颯太くんだってエリート商社マンじゃない。なんか、最後に会った時よりその雰囲気が出てる気がする」

「やば、俺も業界に染まってきちゃったかな」

颯太くんの冗談に笑いながら、私は取り分けたシーザーサラダを手渡す。彼はうなずきながら受け取ると、私の顔をまじまじと見つめた。

「それにしても夏希、綺麗になったね。モテるんじゃない?」

「あはは…どうかな?そんなことないよ」

「またまた。それに夏希は優しいし、尽くしてくれるからな。男なら、夏希みたいに気遣いができる人を嫁にしたいと思うもんだよ」

快活に笑う颯太くんの口から飛び出た「嫁」という単語に、私はついドキッとしてしまう。

― いや、ただの褒め言葉だから。落ち着け、私。

自分に言い聞かせていると、マッシュポテトが運ばれてきた。それを見て、私はふと昔のことを思い出す。

「これ、颯太くん好きだったよね。『家で再現しよう』って、一緒にレシピ調べて挑戦したの、懐かしい!」


思わずはしゃいで声を上げたけれど、彼は複雑そうな表情だ。

「…そんなことあった?たしかに、ここのマッシュポテトがウマかったのは覚えてるけど…」

「えっ…」

微妙な空気になってしまったので、私は慌てて取り繕う。

「あ、うん…そっか。思い出もたくさんあるからね、長い期間付き合ってたし」

「俺ね、料理でいえば、夏希がつくってくれる味噌汁が好きだったな。風邪のときにも雑炊つくってくれたりさ」

颯太くんの口から2人の思い出が出てきたのが嬉しくて、私は大きくうなずく。

「うんうん。颯太くんもさ、お正月にお雑煮つくってくれたじゃない?ご実家のレシピでさ。あれ、嬉しかったな」

「…えーっと、俺、お雑煮つくったかな…?」

「…あ、うん。付き合って2年目の冬、だったかな…」

どれもこれも私にとっては大切な思い出だけど、颯太くんにとってはそうではないのが、正直むなしい。

だが、せっかくの再会ディナーだ。私は何食わぬ顔で料理を口に運ぶ。すると、何かを考え込んでいた様子だった颯太くんが「あ」と声を上げた。

「2年目のお正月といえば、思い出したんだけどさ…!」

2人の思い出を話しているうちに、夏希が感じた違和感とは…?

「2人とも帰省するから、お互いの実家に届くように年賀状を送りあったの覚えてる?」

「わあ、懐かしい。覚えてるよ」

頭の中に、その年に颯太くんから届いた年賀状を思い浮かべた。男性らしい角ばった文字で、“今年もよろしく”と書かれていたのを覚えている。

「その時さ、夏希が送ってきた年賀状を、おふくろが見たんだよね。字がすっごく綺麗だねって、褒めてたんだよ!」

「…そ、そうだったんだ」

私は若干、複雑な気分になった。

もちろん、嬉しいのは嘘じゃない。

でも本当は、颯太くん自身がどう思ったのかを聞きたかった。

初めて彼氏に送る年賀状。どんなことを書こうかと悩み、下書きを繰り返してようやく完成させたラブレターみたいなものだったから。

うがった見方かもしれないけれど、お母さんの言葉がなければ颯太くん自身は、一緒に送りあった年賀状のことなんて思い出しもしないんじゃないかな…と考えてしまう。


年賀状のことだけじゃない。

マッシュポテトのことだって、お雑煮のことだって…。颯太くんのことが好きだったらこそ「どんなことも、自分と同じ分だけ覚えていて欲しい」などと思ってしまう。

そんなのバカげてる、と頭ではちゃんと理解しているのに。

― こういうところが、振られた原因なのかな…。

これ以上考えていると、自分が嫌いになりそうだったから、モヤモヤしている感情に蓋をすることにした。

それに、こうして颯太くんの笑顔を見ていると、なんともいえない甘い気持ちの方がずっとずっと勝る。一度隠してしまえば、見えなくなるくらいの小さな違和感よりも、ずっと。

追加で運ばれてきたチキンライスを取り分けながら、私は彼との会話に集中した。


「颯太くん、今日は本当にごちそうさま」

「こちらこそ。久しぶりに会えて楽しかったよ」

あっという間に閉店時間になり、私たちはお店を出て、飯田橋方面へゆっくりと歩き始めた。

「夏希、あのさ」

大久保通りに出たところで、改まった口調で颯太くんが話し始める。

「今日久しぶりに会ってみて、やっぱり夏希と話してると楽しいし、落ち着くなって思ったんだ。また、近いうちに会わない?」

「…うん。もちろん!」

彼からの次のデートの打診。ドキドキすると同時に、なんだか胸がいっぱいになる。

― すごい。颯太くんから誘われた…。どれだけ願っても戻ってこないと思っていた、彼の方から。

3年半前、どれだけ言葉を尽くしても戻ってこなかった彼。不本意すぎる別れから立ち直るには、相当な時間がかかった。失恋の傷から耐え忍ぶような日々を送り、徐々に癒えてきたら「次の恋愛」という特効薬を注入して、ここまで来た。

それを思うと、颯太くんの方から誘われることは、とても感慨深い出来事だった。

「よかった。じゃあ…来週の土曜日の夜なんてどうかな?」

スケジュールを確認すると、夜の予定はなかった。仮に何かあっても、颯太くんからの誘いならどうにか動かしていたかもしれない。

「うん、空いてるよ!」

「よかった、じゃあその日にしよう。お店、また考えておくから」

「ありがとう。また細かい時間とか決めようね」

そう言葉を交わして、駅で別れた。

浮足立ちながら東西線に乗り座席に座ってからスマホを開くと、1通のLINEがきていた。

『裕也:こんばんは!この前会った時に俺から誘うって言ったのに、バタバタしててごめんね。来週の土曜日の夜って空いてるかな?』

裕也から誘われた日は、たったいま颯太くんと約束した日程と重なっていた。


▶前回:LINEのID交換で意外な事実が発覚!?婚活中の27歳女が体験した衝撃的な出来事

▶Next:9月25日 土曜更新予定
颯太と裕也、同じ日にデートに誘われた夏希。選ぶのは…?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/18 5:06
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます