恋に恋してたなぁ…20代の恋愛の「黒歴史」エピソード

20代はとにかく自分が楽しめる恋愛を好むことが多いですよね。ですがそうすると長続きしなかったり、相手に振り回されてしまったりと、思い描いた恋愛ができません。なかには、黒歴史として封印してしまいたくなる恋愛を経験した方もいるでしょう。
今回はアラサー女性に、20代の恋愛模様を暴露してもらいました。

束縛は尽くしている証拠

「今思えば、若い頃の恋愛は束縛ばかりしていましたね。むしろ『束縛は尽くしている証拠』だと思っていたので。彼氏ができたら異性の連絡先を全部消去してもらって、男友達と遊ぶのも月に一回だけとか。そんな束縛ばかりの恋愛をしていたので長続きするはずもなく、いつも男探しをしていました……」(ネイリスト・33歳)

▽ 20代の恋愛はつい彼氏を束縛してしまいがち。独占欲が出てしまったり、恋愛に不慣れなことが原因かもしれませんね。

彼女持ちを好きになってスリルを楽しむ

「今思えば、なんてひどい恋愛をしていたのかと反省していますが、一時期彼女がいる人を好きだった期間があります。体だけの関係で完全に都合の良い女と化していたのにそれすら気づかず、むしろスリルを楽しんじゃっていました。他人を傷つけてしまっただけではなく、結果的に自分も傷つけてしまうことをようやく理解できるようになりましたね」(エステティシャン・31歳)

▽ 禁断の恋に憧れてしまう時期ってあるような気がします。誰も幸せにならないので、この沼にハマってしまうと危険です。

相手のことより自分が一番

「20代のときの恋愛は、彼氏ができるとまるでお姫さまのような振る舞いをしていましたね。迎えに来てもらうのが当たり前、デートのときは彼氏にカバンを持ってもらう、帰りはどこにいようが家まで送ってもらう、とかを普通に要求していました。
年上ばかりを好んでいたこともあって、最初はみんなやさしく接してくれるのですが、3か月くらいすると急に態度が冷たくなる……それがいつもの恋愛パターンでした」(webライター・32歳)

▽ 若いと自分が一番だと思いがち。相手に気遣うことよりも、お姫さまとして扱ってほしい願望が出てしまうのかもしれませんね。

外見だけで判断

「20代は完全に外見だけで判断して恋愛していましたね。かっこよければそれで良いって感じだったので、浮気されたり二股をかけられていたりと、散々な恋愛模様でした。今は結婚して子どももいますが、旦那は顔じゃなくて性格で選びました。長く一緒にいるためにはやっぱり中身ですよね」(パート・34歳)

▽ 付き合うならイケメンが良いと思うのは若いときによくあること。イケメンで性格も良いに越したことはありませんが、そんなパーフェクトな男性はそういません。価値観の合う人や居心地の良い人がベストパートナーとなるのです。

まとめ

20代の恋愛は恋に恋してしまう傾向にあり、失敗の連続だったという方も多いでしょう。ですがそれも良い経験となっているはず。30代と大人になった以上、ステキな恋愛を楽しみたいですね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/17 14:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます