尾野真千子「再婚が略奪婚だったのに炎上しないのはなぜ?」大分析

拡大画像を見る

 今年の5月に沖縄県在住の実業家と再婚した女優の尾野真千子(39)。2人は2010年のドラマ『ニセ医者と呼ばれて~沖縄・最後の医介輔~』(日テレ系)の制作時、彼が現地のコーディネーターとして関わったことがきっかけで知り合ったと言われている。

※動画は「taishu.jp」で

 そんな小野の再婚について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、2人の馴れ初めについて詳しく解説、またかつて同じようにコーディネーターと結ばれた「あの女優」について、さらにこの件で尾野がダメージを受けない理由を「あのやらかしタレントたち」と比較しつつ解説し、白熱のトークが展開された。

 出演は、女優の風谷南友さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/o10Z-Q0XDe8

関連リンク

  • 9/17 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます