もはや同居人…?!危険信号点滅中な「別れそうな夫婦の共通点」とは…

年々離婚率が上がっていく一方ですが、なぜ離婚する夫婦が増加しているのでしょうか。
実は、離婚する一歩手前まできている夫婦には、ある共通点があるのです。

今回は、危険信号中な別れそうな夫婦の特徴を4つご紹介します!

(1)外で食事を済ませるようになる



夫は、何かしらの理由で家に帰りたくなくなると、できるだけ外ですごそうとします。
仕事終わりに外食する機会が増え、夜遅く帰宅するので、まさにすれ違い生活状態です。

妻の料理の味を忘れてしまった夫との離婚は、もう時間の問題でしょう。



(2)休日ももっぱら外出



家にいることに息苦しさを感じると、休日ももっぱら外出して暇を持て余します。
友人とお出かけしたり趣味に勤しんだりして、家のことはまったく気にしません。

休日の家族サービスがまったくないのも、別れそうな夫婦の特徴です。

(3)給与や貯金額をナイショにしている



別れそうな夫婦は、お互いが今後の人生のパートナーにはならないと思っています。
そのため、貯金をしたり転職のための資格取得の勉強をしたりして、ひそかに離婚準備を遂行中しがち。

今後一緒に人生を共にする気はないので、お互いの給与や貯金額を秘密にしています。

(4)会話がない



夫婦が別れる大きな原因は、ずばり「コミュニケーション不足」です。
夫婦の会話がなくなると、ただの同居人になります。

ここ最近パートナーが何をしているのか、どんな話をしたのか思い出せない方は危険信号です。


別れそうな夫婦の共通点は、会話や家にいる時間が極端に少なく、そのまますれ違いが起こっていることです。
「こんな風になるはずじゃなかったのに……」と後悔している方も少なからずいます。

離婚したくない人は、まずLINEや電話を使ってコミュニケーションを取ることから始めてみましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/17 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます