アニメコラボ特注「のれん」が盗まれた! → 銭湯店主の機転がステキすぎる!

拡大画像を見る

都内の銭湯から、人気アニメのコラボ企画で制作された「特注のれん」が盗まれた事件。ツイッターで報告された店主の悲しみに、大勢が心を痛めた。

しかし、この店主、盗難被害をただただ悲しんでいるだけではなかった。すぐさまファンのために起こした行動が、ネット上で絶賛されている。(取材・文=昼間たかし)

まず、盗難事件の背景を振り返ろう。

墨田区の銭湯「押上温泉 大黒湯」では、今月30日までの予定で人気アニメ『かげきしょうじょ!!』とのコラボ企画を開催している。店内ではアニメをイメージした薬湯やオリジナルグッズを販売、入口には登場人物をあしらった「特注のれん」が掲げられていた。

事件が起こったのは、9月13日午前2時半ごろのこと。銭湯から出てきた男性が、「特注のれん」を外して持ち去る様子が防犯カメラに映っていたという。この日は朝10時までのオールナイト営業の真っ最中。なんとも大胆かつ卑劣な犯行だ。

盗難に気づいた店主がTwitterで「返して下さい」と悲痛な声を綴ると、大勢からの同情と義憤の声が集まった。ただ、店主は突然の不幸を嘆くだけではなかった。すぐに、新たなのれんを手作りしたのである。店主の新保卓也さんは語る。

「従業員を含めて相談したのですが、お客さんが楽しみにしてくれているので、のれんがない状態は早く解消したいと思って、権利元に相談しました。すぐにOKが貰えたので、布を買ってきて手作りしたんです」

「特注のれん」を作り直してもらうのには、時間がかかってしまう。それならば……。新保さんは、すぐ布を買ってきてミシンで縫い、アイロンプリントでキャライラストを載せていった。新保さんの機転と権利元の理解が「手作りのれん」を実現させたのだ。

元の「特注のれん」は、いまだ返らぬままになっているが、「新しいのれんも、味があっていい」と好評だという。

全裸で見上げるスカイツリーが圧巻

盗まれたのれんは、アニメ「かげきしょうじょ!!」とのコラボ。昨今、人気アニメとのコラボは各所で行われているがアニメと銭湯とのコラボはちょっと異色である。

実は同店、写真家の蜷川実花さんとのコラボイベントで話題となり、「初音ミク」や「くまモン」などジャンルを問わず様々なコラボを実施しており、都度ファンが訪れることで知られる銭湯である。

せっかく取材に訪れたので、筆者もこの店を堪能してみることにした。訪問したのは平日の15時30分。既に銭湯の前には多くの自転車が止められており、客がひっきりなしに出入りしている盛況ぶりである。

券売機で入浴料金480円を支払い、下足札を預けてロッカーの鍵をもらって中に入ると、既に脱衣所も湯船も多くの客で賑わっている。

まだ平日の午後の時間帯なのに、こんなに賑わっている銭湯も珍しい。アニメとのコラボ中ということで、てっきりアニメファンが多く訪れているのかと思いきや、ほとんどは常連客らしく日常のリラックスした雰囲気がある。

大黒湯の所在地は墨田区横川3丁目、ここは東京でも指折りの下町エリア。そんな町の空気に相応しい、味のある、いなせな客たちが風呂を楽しんでいるのである。

日々、アニメキャラクターとのコラボを宣伝したり、自作の4コマ漫画を掲載しているTwitterからは想像しがたいワクワクするような下町の雰囲気が素晴らしい。

もしかしたら、隣にいた江戸弁のいなせな老人も『かげきしょうじょ!!』や初音ミクの熱烈なファンなのかもしれないが……。

さて、ちょっと意外だが、アニメとのコラボは作品ファン以外にも好評なのだと、新保さんは語る。

「コラボイベントで、特注ののれんを出したりするようになってから、銭湯が再発見されているんです。これまで利用していなかった地域の人が『なにかやってるな』とやってきて、そのまま常連になったりもしてくれている」

コラボはきっかけに過ぎず、大黒湯の魅力や工夫に常連化する人が増えているというのが正直なところだろう。

湯につかってみると一目瞭然だが、とにかく風呂は都内でも指折りの充実度である。炭酸泉やジェットバスなどはもちろん、薬湯は日替わりだし、露天風呂もある。ちなみに女湯と男湯は日替わりで変わる仕組み、訪問日は偶数日だったのだが新保さんによれば男湯は奇数日のほうが露天風呂が広くて立派だというので、再訪しなくてはならない。

もう一つ忘れてはならない魅力が、風呂から直結した2階のウッドデッキ。これは「これは都会で疲れた身体をリセットしてもらいたい」という思いで2年前につくられたもの。お風呂で暖まった身体を自然の風で冷まして一息つけるわけだが、見上げると東京スカイツリーの姿が。全裸で東京スカイツリーを見上げて楽しむことができるスポットなんて、世界でもここだけだろう。

大切なのれんを盗まれるという不幸に遭いながらも折れることなく、お客さんを楽しませてくれる銭湯。そこは真なる都会のオアシスだった。

関連リンク

  • 9/17 19:25
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます