パパラピーズ、人気YouTuberとなり意識するようになったこととは? ファンへの感謝・これからの目標も明かす<インタビュー>

【モデルプレス=2021/09/17】人気YouTuber・パパラピーズのじんじん(26)とタナカガ(22)が、京セラドーム大阪(大阪市西区)にて行われた「EXIA Presents KANSAI COLLECTION 2021AUTUMN & WINTER」(以下:関コレ)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じランウェイの感想やこれからの目標などについて語った。

◆パパラピーズ、初の関コレを振り返る

― 初めて関コレのランウェイ歩いた感想を教えてください。

タナカガ:楽しかったです。ファンの子たちが手を振ってくれたり、ボードを持ってくれたりしていたので嬉しかったですね。

じんじん:ステージに出る前と出た後の心境が180度変わりました。出る前は体型に自信あるわけじゃないし、自分は明らかにウケ狙いの枠で「大丈夫かな」と思っていたんですけど、出てみたらファンの方が温かく手を振ってくださって、めちゃくちゃ楽しかったです。

タナカガ:パパラピーズの1番初めのランウェイトップでパパラピーズの挨拶をしようというのは決めていたんですけど、それ以外には何も決めていなかったのでグダっていましたね(笑)。グダグダでした…。

じんじん:でも、僕たちの「せーの、パパラピーズです」をお客さんもやってくれていてすごく嬉しかったです。気持ちいいですね。

◆タナカガ&じんじん、それぞれのプロデュースブランドの私服で登場 秋冬注目のファッションは?

― それでは今日のファッションのポイントを教えてください。

じんじん:9月に入ったのでJINCLの新作で、秋を感じたくて黄色のチェックシャツに重めの色のパンツを合わせました。「アメリカンシティーボーイがホットドッグを片手に」という感じで。スケボーもあればと思うんですが、それは体重制限で乗れない…(笑)。一応スケボーとトートバッグを持ったをおしゃれな秋をイメージしました!

タナカガ:私は自分のブランド「GAB GAB」の秋服を取り入れました。

― それぞれアパレルブランドを手がけられているお二人ですが、秋冬で気になっているファッションはありますか?

タナカガ:今年の冬もロングブーツが流行ると予想しているのですが、去年はあまり履くことができなかったので、ロングブーツに合う服を着たいと思っています。

じんじん:僕は今も着ているんですけど、秋冬っぽい暖色のチェック柄がすごく気になっています。今日もチェック柄なんですけど、くどすぎないくらいに使うのが気になっているので実際に商品を出しています。

◆パパラピーズ、人気YouTuberとなった今の変化

― YouTubeの登録者数が170万人を突破されて、ラジオなど仕事の幅が大きく広がっていると思いますが、周りの反響はいかがですか?

タナカガ:地元の友達とかが意外とラジオを聴いてくれているというのを聞くと頑張ろうと思いますね。そういうのを知るともっと頑張りたいなと思います。

じんじん:連絡が来ていなかった人から「テレビ見たよ」とか「ラジオ聴いたよ」と来るようになって。YouTubeを始めた時は周りから「ちょっと、え?YouTuber?」みたいな冷たい目を感じて、僕自身は「なんか言っているわ」という感じだったんですけど、今となっては皆が認めてくれるようになったので、頑張って良かったです。

タナカガ:最近は出歩かないので大きな変化は感じていないんですが、多分YouTuberをしていなかった時よりは外に出る時の気の遣い方が全然変わりましたね。

じんじん:何も悪いことではないんですけど、僕も自分の行動を常に誰かに見られているという意識をするようになりました。

◆パパラピーズ、動画撮影のポイントは?

― パパラピーズさんのYouTubeはしっかりとボケとツッコミが確立されているスタイルが面白くて評判を集めていると思うのですが、動画を作るうえでこだわっている点はありますか?

タナカガ:こだわりというとテンポ感は大事にしています。変な間を作らずに見やすいテンポ感を心がけて撮影するようにしていますね。例えば、ただ単に食べているだけではなくて、会話を広げてご飯だけの話題ではないものになるようにするなどの工夫はしています。

じんじん:僕たちは自然体が1番面白いと思っているので、あらかじめ決めた台本とかに沿って撮影することはなく、何も最初から決めないことで自分たちらしさを出せるように撮影しています。

◆パパラピーズからファンへの思い

― 動画の中でファンの方をすごく大事にされていると仰っていたのが印象的でした。ファンの方からの言葉で印象に残っていることはありますか?

タナカガ:印象に残っているもの…それに関しては毎回ですね。コメントとかDMも全部チェックするようにしています。例えば嫌なコメントがあっても、それ以外の応援してくれている方のコメントの方が圧倒的に多いので、そういったコメントは毎回ありがたいです。応援してくれる子を大事にしたいと自分の中で思っているので、嫌なことがあってもみんなの声がすごく支えになっています。

じんじん:僕は「ありがとう」と言われることですね。僕たちホンマに楽しくやっているところをカメラに撮っているだけなのに、それで「ありがとう」と言われるのが「毎回毎回ありがとうって言われていいんだ」と。したいことをしているだけなんですよ。これは本当に毎度毎度思っていて…「ありがとう」ですよ?その5文字が沁みます。

◆パパラピーズが明かす今後の目標・夢を叶える秘訣

― さらなる人気に期待がかかるお二人ですが、今後の目標を教えてください。

タナカガ:YouTubeでいうと、登録者数200万人を目指して今頑張っています。あと少しが難しいんです。個人的には自分のアパレルのポップアップをちゃんと成功させることが1番身近な目標ですね。

じんじん:僕もパパラピーズで言うと200万人が目標です。あとは僕もアパレルブランドをやっているのでJINCLらしい服や小物をたくさん出してみんなに喜んでもらいたいです。最終的には世界規模を目指しています!

― それでは最後に、夢に向かって頑張るモデルプレス読者の皆さんに、パパラピーズさんが思う“夢を叶える秘訣”のアドバイスをお願いします。

タナカガ:やりたいと思ったこととかは、ちゃんと口に出してちゃんと行動すること。思っているだけじゃ何も始まらんから、ちゃんと考えた上で自分の考えが固まったらその通りに行動することが大事だと考えています。YouTubeも「やるからにはちゃんとやろう」という精神をずっと持ってやってきました。中途半端に始めないことも大事やと思います。

じんじん:僕は正社員を経験してからYouTubeを始めたので、いい年だったんですよ。だから今タナカガが言ったように中途半端にやらずに覚悟を持って、難しそうであれば普通の夢を諦めることも大事だと思います。夢を追い続けることも大事なんですけど、僕はちょっと現実主義というところもあって、しっかりと人生設計を立てることが大事だと思います。でないと迷走してしまうので。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆パパラピーズ・プロフィール

じんじんとタナカガによる、チャンネル登録者数175万人(9月17日現在)を誇る2人組人気YouTuber。息の合った掛け合いをベースに、ドッキリ企画やモッパン企画でSNS世代から大きな人気を集め、最近ではYouTubeの枠を超えてファッションやコスメのプロデュースや、ラジオパーソナリティー、メディア出演など活動の幅を広げている。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/17 19:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます