日向坂46佐々木美玲、まさかの下ネタイラストにメンバーが腹を抱えて大爆笑!

 清純派イメージのアイドルグループが、よもや下ネタに大爆笑していた?

 9月12日深夜放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)では、芸術の秋にちなんで「日向坂ミュージアム」という企画を開催。部門1では「芸術は爆発だ!画力チェック」と題して、メンバーのイラスト力を競うこととなった。

 描く対象は日本中を感動させた「TOKYO 2020」の名シーン。これを記憶力だけを頼りに描くという趣向で、写真などの資料を見て描くのはNGだ。最初に登場した4枚のイラストはいずれもスポーツクライミングを描いたものだったが、ここで驚きの下ネタが飛び出したというのである。

「MCのオードリー若林正恭は、佐々木美玲のイラストに《ちょっとアップにできますかね?》と着目。競技中の人物イラストが拡大されると、なぜかバストの輪っからしき2つの二重円がけっこうなサイズで描かれているではないですか。まさかの輪っかに若林は『みーぱん困るのよ!アイドル番組でこんなことされたらぁ』と佐々木をゴン攻めしていました」(アイドル誌ライター)

 若林の追及に「違いますよぉ!」と反論した佐々木。「これはぁ、命綱の…」といって自分の背中を触るジェスチャーを見せると、若林も「ハーネスがここで止まってるからっていう?」と助け船を出していた。それでも若林は「実況の人も困るでしょうよ」と、イラストに描かれているのはバストの輪っかだと被せていたのである。


「このやり取りは視聴者にも《攻めてるなあ》《アイドル番組ですよ(棒)》などと好評でした。実際、日向坂46は下ネタ対応力も高く、6月8日配信の『しくじり学園 お笑い研究部』(AbemaTV)ではアルコ&ピース酒井の『自分のムスコも泣いちゃったりして』という言葉に高本彩花が腹をよじっての爆笑。齊藤京子は4月に出演したラジオ番組にて、マネージャーから『ついに下ネタNGが出た』と明かしていました。今回のイラスト対決では、佐々木美玲自身は下ネタを描いたわけではありませんでしたが、それを上手いこと下ネタに昇華した若林のトークに爆笑していたあたり、グループ全体の下ネタ対応力を見せつける形となりましたね」(前出・アイドル誌ライター)

 下ネタとは言ってもおならとか輪っかとか、ほとんど小学生レベルの無害なものばかり。むしろ日向坂46の健全性を示す好エピソードだったのかもしれない。

※トップ画像は「ZIP!」公式ツイッター(@ZIP_TV)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/17 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます