岡田准一&櫻井翔ら「木更津キャッツアイ」劇場版シリーズ、初配信決定

【モデルプレス=2021/09/17】映像配信サービス「dTV」は、V6の岡田准一主演・宮藤官九郎脚本による人気ドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS系)の映画版、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」(2003年)と「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(2006年)の2作品を10月1日より独占配信がスタートすることが決定。今回の配信はdTVで独占配信されるだけでなく、定額制動画配信サービス(SVOD)での配信自体が初解禁となり、動画配信プラットフォームで初めて本作を楽しむことが出来る。

◆「木更津キャッツアイ」劇場版シリーズ、初配信決定

「木更津キャッツアイ」はTBS系列にて2002年1月18日から3月15日まで放送された千葉県木更津市の架空の草野球チーム、木更津キャッツを中心にストーリーが展開されるテレビドラマで、主演に岡田准一、脚本を宮藤が務めている。ほか嵐の櫻井翔、俳優の岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史らが出演。

本作は1話を野球のゲームのように表と裏の二部に分けられており、本編ストーリーの裏で何があったかを巻き戻して説明したり、哀川翔や氣志團などを実名の役で登場させたりと、今までにない見せ方で多くの反響を呼んだ。

今回dTVで配信されるのは、2003年に劇場公開された「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」と2006年に劇場公開された「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の2作品。

「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」は、余命半年と宣告されたぶっさん(岡田准一)と、野球とバンドの仲間“木更津キャッツアイ”が、美礼先生(薬師丸ひろ子)の同級生でニセ札作りの名人ジョージ(内村光良)の原版を狙って怪盗団に。ぶっさんと韓国パブで働くユッケ(ユンソナ)との恋も展開され、見どころ満載。

また、映画版第2弾「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」も第1弾同様にほぼ変わらぬメンバーに加え、栗山千明が加入。ぶっさんの死から3年、それぞれの人生を歩み始めたキャッツのメンバーがぶっさんにお別れをするため再結集して展開する内容となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/17 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます