FWザハが今シーズンのチーム作りに手ごたえ「単なるカウンターだけのチームではない」

拡大画像を見る

 クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハが今シーズンのチーム作りについてコメントした。イギリス紙『イブニングスタンダード』が伝えている。

 2020-21シーズン限りでロイ・ホジソン前監督が退任したため、クリスタル・パレスは今シーズン、2024年6月30日までの3年契約でヴィエラ氏を招へいした。

 ヴィエラ監督はシーズン開幕前に「これまで以上にチームがより多くのゴールを決め、より多くのシュートを放つことを望んでいる」とクラブメディアに語り、攻撃的なチーム作りをすると方針を明かしていた。

 同クラブは初戦こそ、昨シーズンの欧州王者相手に沈黙したものの、ウェストハムと2-2、トッテナムに3-0と上位チーム相手にハイパフォーマンスを見せている。

 クリスタル・パレスをけん引するエースのザハは、「我々が単なるカウンターだけのチームではなく、実際に後方からプレーして突破できることを示している。明らかに僕らは成長している」と手ごたえを感じていることを明かした。

 さらに、「カウンターだけではなくどこからでも攻められることを証明している。きちんとゴールまでの道を整備してその通りにプレー出来れば最終的にゴールは生まれるものなんだ」と語っている。

関連リンク

  • 9/17 18:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます