待望のiPad miniアップデート 買うなら刷新されたiPadとどっち?

拡大画像を見る

9月15日未明の発表会でiPhone 13シリーズとともに発表されたiPadとiPad miniですが、iPhoneに注目が集まりあまり注目されなかったのがiPadだった気がします。それでもデザインも刷新されたiPad miniはコンパクトな8インチクラスのタブレットとして、大幅にアップデートされましたので気になる人もいたのではないでしょうか。

iPad mini(第6世代)は、最新のA15 Bionicチップを搭載し、iPad ProやiPad Airのように側面がフラットなデザインに一新。Apple Pencilも第2世代に対応します。

サイズ的には、電車の中で電子書籍を読む、立った状態でメモをとる、リモートワーク スペースでオンラインミーティングをするなど、個人で完結する作業、仕事をするのに適しています。端子もUSB Type-Cに更新されたことで、カメラデータのコピーや外部ディスプレイの接続など、周辺機器がPCと共有できるのも便利です。

若干気になるのがiPadシリーズのモデルの乱立です。

M1チップを搭載し、孤高の存在になったiPad Pro、大画面のiPad Air、普及価格のiPad(第9世代)、コンパクトなiPad miniとニーズを満たしているように思えますが、無印iPadは実質、教育機関向けなどの大量導入用モデルと言えます。

個人で選ぶなら、ProかAirかminiかということになるかと思いますが、発売時期によってプロセッサや通信規格(速度)の差があり、画面サイズなどの使い勝手だけで単純に選べないのが悩ましいところです。

個人的には、値段的にも性能的に高みに登ってしまったiPad Proではなく、最新のプロセッサになりデザインも一新されたiPad miniを、パソコンを開けない出先作業でのサブマシン、メモ機、撮影データのチェックなどに使うのが良いかなと思いました。過去にiPad miniを使っていた時はほぼ毎日持ち歩いていましたが、11インチiPad Pro(第2世代)は、意識して持って行く選択をしないと持ち出さなくなりましたので、iPad miniにしたら使用頻度は増えるかなと思いました。その分、スマートフォンはiPhone 13 Pro MaxではなくProにしてモバイル性をアップできそうだなと計画しています。

(執筆者: ipodstyle)

関連リンク

  • 9/17 13:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます