モニカ・ベルッチ&ケーン・デ・ボーウと写る“アート作品”サムの撮影シーン『皮膚を売った男』場面写真

拡大画像を見る

恋人に会うため、自分自身がアート作品となった男の数奇な運命を描く映画『皮膚を売った男』より、アートな世界を切り取った煌びやかな場面写真が公開された。




本作の主人公サムは、“悪魔”と契約を結び、自身の背中一面にタトゥーを入れ、念願の“自由”を手に入れる。到着した場面写真では、不幸に転落する前、幸せそうな表情の主人公サムと恋人アビールの姿が切り取られているほか、契約してアート作品となったサムの撮影シーンでは、エージェント・ソラヤ(モニカ・ベルッチ)やジェフリー(ケーン・デ・ボーウ)と写る姿も。

そして、美術館に展示されることとなったサムが、豪華絢爛な美術品に囲まれ、嗜む様子。予告編でも話題となった、生きている人がオークションにかけられる様子を、傍観者側から見たビジュアルも公開された。

『皮膚を売った男』は11月12日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
皮膚を売った男 2021年11月12日よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開
© 2020 – TANIT FILMS – CINETELEFILMS – TWENTY TWENTY VISION – KWASSA FILMS – LAIKA FILM & TELEVISION – METAFORA PRODUCTIONS - FILM I VAST - ISTIQLAL FILMS - A.R.T - VOO & BE TV

関連リンク

  • 9/17 12:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます