D・アウヴェスがサンパウロ退団…2022年12月まで契約残すも16日付で解除

拡大画像を見る

 サンパウロは16日、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスとの契約を解除したと発表した。クラブ公式サイトを通じ伝えている。

 同クラブは「本日(16日)、2022年12月までクラブと契約していたダニエウ・アウヴェス選手との契約を解除する合意書が締結されたことを発表します」と契約期間途中の失効を伝えた。

 D・アウヴェスは9月の代表ウィークでブラジル代表としてFIFAワールドカップカタール2022南米予選を戦っていたが、代表の活動が終了した後、トレーニングに戻らなかったようだ。『ESPN』によると、給与未払いの問題から、アウヴェスはプレーを拒否したという。

 サンパウロのフットボール・ディレクターを務めるカルロス・ベルモンテ氏は妥協案を提案したが受け入れられなかったと語っており、最後まで溝が埋まらなかったようだ。

 現在38歳のD・アウヴェスはブラジルのバイーアでプロキャリアをはじめ、セビージャを経て2008年夏にバルセロナに加入した。バルセロナでは黄金期を支え、8年間で公式戦通算391試合に出場して21得点101アシストを記録。6度のリーグ優勝、5度の国王杯制覇、そして3度のチャンピオンズリーグ優勝など多くのタイトルを獲得し2016年に退団した。

 退団後は、ユヴェントスに1年契約で加入しスクデットとコッパ・イタリアの2冠を達成し、翌シーズンからはパリ・サンジェルマン(PSG)で国内3冠を達成。キャリアを通じ40以上のトロフィーを獲得している。

関連リンク

  • 9/17 12:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます