ナポリ指揮官、レスター戦で追いついたチーム称賛「強いキャラクターを持っている」

拡大画像を見る

 ナポリを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、レスター戦を振り返りコメントした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ナポリは16日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でレスターと対戦。2点の先行を許したものの後半にヴィクター・オシムヘンが2ゴールを挙げ同点で試合終了の笛を聞いた。

 スパレッティ監督は試合後、「チームのスタートは正しかったが、後方からのビルドアップの場面で何度もボールを失い、それが失点になった。それからは、我々はずっと主導権を握り続けたし、完全にバランスのとれた試合展開となったね。2失点目は、我々が前に出ようとしていた時だったから、うなだれてもおかしくないようなリスキーな状況だった」と失点シーンを振り返った。

 続けて「今日、私たちは、強いキャラクターを持っていることを見せつけた。キャラクターことが例年みられる弱点だったけどね。チームは本当によく反応してくれたよ」と試合展開については一定の手ごたえを見せている。

 また、2得点でチームを救ったオシムヘンについては次のようにコメント。改善点を上げつつも称賛している。

「オシムヘンはまだいくつか学ぶべきことがある。学んだら最高のヒットマンになるだろうね。そのポテンシャルがある。今比較するのは簡単だ。だがそれは世界最高のFWとの比較だろう」

「彼はどういったプレーをするかの選択肢の部分で改善の余地がある。特にフィニッシュとランの部分だ。少し無駄走りが多いように見えている」

関連リンク

  • 9/17 11:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます