新しい切り口でSDGsに貢献!D2Cストリートアパレルブランド「Squad」誕生


UWPBは、TシャツとパーカーのみのD2Cストリートアパレルブランド「Squad (スクアッド)」からプロダクト2種を9月15日(水)に発売した。

着る服は自分の納得のいくものを

昨今、アパレル産業では大量生産や大量消費問題という問題がある。そんななか同ブランドは、世の中に何か価値を提供できないかと考え、“誰もがエッセンシャルウェアを持つ習慣を常識にする”というテーマに辿り着いた。

SDGsにおけるファッションブランド=地球に優しい生地を使用。しかし、リサイクル出来る仕組みだけが全てでは無いと同ブランドは考えており、一定数、着る服は自分の納得のいく洋服を着たい人にも手にとって貰えるブランドでありたいと思っているという。

こだわりの2プロダクトのみの展開


「Squad」は、誰もがエッセンシャルウェアを持つ習慣を常識にするというテーマが世の中に浸透することにより消費活動の見直しに貢献したいという思いがある。


同ブランドは、流行りに左右されない唯一無二のアイテムとして、こだわりの「Tシャツ」と「パーカー」のみを展開する。


Tシャツ「The T-Shirts」11000円(税込)は、肌の透けないちょうど良い厚めのコットン素材を使用。襟元はヨレないように襟幅3cm+クルーネックを採用。春夏は1枚、秋冬はインナーとして全シーズン着用することができる。カラーは黒・白の2色。


パーカー「The Hoodie」22000円(税込)は、着心地が良く光沢のある素材を使用。フードは紐なしに。カラーは黒・白・グレーの3色。

どちらも3サイズ展開で、ブランドロゴを無くし、細かなサイズ感とディティールを調整した洗練された1着となっている。

同2商品は、「Squad公式ECサイト」にて注文が可能。

「Squad」のプロダクトを自分のエッセンシャルウエアにして、長く大切に愛用してみては。

画像をもっと見る

  • 9/17 11:36
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます