木村拓哉、『VS魂』キンプリ岸優太「ド焦り」の“緊張と緩和ネタ”はSMAPの伝統芸!?「中居正広の得意技」と被り!

拡大画像を見る

 9月16日、嵐の相葉雅紀(38)がMCを務める番組『VS魂』(フジテレビ系)が放送された。

 この日は、東京五輪競泳チームと番組レギュラーチームがスタジオにて『アローシューティング』と『クラッチゲッター』で対戦。そして、相葉とKing&Princeの岸優太(25)の2人がゲストの木村拓哉(48)、長澤まさみ(34)とダウトとスゴロクを合わせたゲーム『DAMASHI魂』で対戦した。

「『DAMASHI魂』で対戦する前に、4人でのトークーコーナーが行なわれました。このコーナーでは岸がMCを担当したのですが、大先輩・木村を前に緊張でガチガチに固まってしまっていました。

 岸はよほど緊張をしていたのか、木村と長澤への質問コーナーで何を思ったのか1番最初から“最近、本気でキレたことがありますか?”という質問をぶっこんでしまったのです」(女性誌記者)

 岸の最初の質問に長澤は「すごい質問ですね……」と戸惑う反応をしていたが、

「木村は表情が険しくさせると、“今かな”と真面目なトーンで答え、睨むような視線で岸を見始めたんです。緊張で固まっていた岸は木村からの鋭い目線に“ドキッ”とした反応を見せて、“相葉くん、木村さんの視線、僕に向いてますよね”“相葉くんがなんとかしてください!”とテンパっていました。

 ある程度岸が戸惑ったところで木村は突然笑顔になって、“いや、1つの例ですよ”と言いました。これに岸も安心し、周囲も笑いに包まれていましたね」(前同)

■木村のイジリは中居と同じ「伝統芸」!?

『VS魂』で、木村が岸とのやりとりでやってみせたイジリに対して、「既視感がある」というのはテレビ誌ライター。

「木村さんが岸さんを相手にやったイジリは、かつてSMAPで一緒だった中居正広さん(49)が最近よくやるもの似ているんです。中居さんは、4月29日深夜放送の『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)で、出演者が書いた日記を読むコーナーの中で“SMAP”の名前が出てくると、真剣な表情でスタッフの方を向いて、“え? これ大丈夫なの?”と確認を取る仕草を見せて周囲を慌てさせると、とぼけた表情で“ザワザワザワっていうのが好きなだけ”と話して笑いを取るネタをしていました」(前同)

 中居は、この“SMAPイジリ”が気に入ったようで、8月28日放送『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』でも、ゲストの浜崎あゆみ(42)から、共演が『SMAP×SMAP(スマスマ)』(いずれもフジテレビ系)以来だとの話が出た際、中居は戸惑いの表情を見せながらスタッフに、『スマスマ』の話をして良いかどうかの許可を取る仕草を見せる素振りをしていた。

「内容こそ違うものの、周囲を慌てさせる言動をわざとやって場に緊張状態を作り、そこから笑いを取るというのは、木村さんと中居さんとで共通しています。SMAPで長年一緒にやってきて、解散後もともに芸能界のスターの座にいる2人。超大物の2人だからこそできる、緊張と緩和の笑いだと言えますし、もしかしたら、これは元SMAPメンバーの伝統芸と言えるのようなものかもしれませんね」(同)

 SMAP解散時は、両者の対立があったとされ“犬猿の仲”とも言われる木村と中居だが、伝説のバラエティ番組『スマスマ』仕込みの笑いの取り方は共通しているのかも!?

関連リンク

  • 9/17 11:28
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます