Snow Man渡辺翔太「Hanako」初単独表紙 1stアルバムへの熱い想い明かす

【モデルプレス=2021/09/17】Snow Manの渡辺翔太が、ライフスタイルマガジン「Hanako」2021年11月号(28日発売)の表紙と巻頭グラビアに登場する。

◆渡辺翔太「Hanako」初単独表紙

特集は、「大銀座で昼食を」。今回、渡辺は「銀座の老舗喫茶店で働く男の子」になり切った。オフの日には、銀座でショッピングしたり、映画を観たり、自宅でテイクアウトしたものを食べたり。ショッピングのシーンでは、大きなクマのぬいぐるみとコラボレーション。見つめあったり、抱きついたり、背負ってみたり。微笑ましいクマとの友情には、撮影中はスタッフ一同ニヤニヤが止まらなかったという。また、映画館のシーンでは、「いつもは寝ちゃうんですよね(笑)」という渡辺渾身の喜怒哀楽が見ることができる。

◆1stアルバムへの熱い想いも

半年前の大銀座特集ではSnow Man全員で表紙を飾ったが、今回は初の単独表紙。渡辺は「銀座は劇場のイメージが強いです。日比谷や新橋近辺も含めたら、帝国劇場や日生劇場、新橋演舞場もあって、仕事でもプライベートでも来る機会が多いから土地勘のある街です」とテーマである銀座での思い出を語っている。

また、29日にリリースされるファーストアルバム「Snow Mania S1」については「アルバムが決まったとき、また改めてデビューしたんだと感じられる瞬間でした」「歌っている時間が好き。だから、何時間録っていようと何の苦もなかったです」と明かすなど、熱い想いにも注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/17 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます