「おかえりモネ」朝岡(西島秀俊)、ネット配信のチャット欄に注目集まる「細かくてすごい」「なんて粋な」

【モデルプレス=2021/09/17】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第90話が17日、放送された。西島秀俊演じる朝岡覚のインターネット配信の視聴者の名前に注目が集まっている。※ネタバレあり

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる永浦百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

◆朝岡(西島秀俊)によるインターネット配信の名前が話題

大型台風12号への対応に追われ、テレビ局で泊まり込みで働く百音ら気象キャスターたち。緊急事態であることを受け、気象キャスターを降りていた高村沙都子(高岡早紀)や朝岡が再びキャスターとして報道を行う姿が話題となっていた。

朝岡は百音と協力しながらインターネット配信で気象情報を報道。

その配信のチャット欄には「teruteru2003(『てるてる家族』/2003年)」「dandandan(『だんだん』/2008年)」「うめ(『梅ちゃん先生』/2012年)」「Chiyoyan(『おちょやん』/2020年)」など、これまでの連続テレビ小説の作品名に関連した名前で書きこまれたものが複数並んでいた。

これを受けて視聴者からは「やることが細かい」「気づいたら楽しい」「なんて粋なことしてくれるの」「スタッフさんたちが細かくてすごい」「素晴らしい」「遊び心感じる」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/17 9:39
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます