城島茂『鉄腕ダッシュ』での「お腐り納豆」も「大丈夫」に嗅覚不安説浮上!桝太一アナも危ぶむ加齢の影響

拡大画像を見る

 TOKIOの城島茂(50)が9月12日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、同局の桝太一アナウンサー(40)から嗅覚の異常を指摘される場面があった。

 この日は、7月上旬に城島が桝アナ、海洋環境専門家の木村尚氏とともに、横浜DASH海岸を訪れた際のVTRを放送。4日連続で雨が降り続いた後ということもあり、海岸に流れ着いたゴミを拾っていたところ、一行は納豆のパックを発見した。

 それが未開封であることに気づいた城島が「ちょっと気になりますね。よし、開けますね」とつぶやくと、その怖いもの知らずの発言に桝アナや木村氏は「ええっ!?」と驚きの声をあげた。だが、そうした反応を気にせず城島は「なんかワクワクしますね」と語り、中身の状態が気になってしょうがない様子だった。

 そして城島の手でさっそく開封すると、納豆全体が海水まみれになっていたことから、城島は「磯納豆」とネーミングし、桝アナらを苦笑いさせた。さらに納豆の匂いをかぎ、「大丈夫ですね! 全然、くさくないですよ」と言っていたが、くさく感じなかったのは城島だけだったようで、続いて、匂いをかいだ木村氏は傷んでいると断言。桝アナも「うわぁぁ~! くっさ!」と悲鳴をあげ、「この匂いを危険と感じないっていうのは、生命体としてちょっと間違った進化してますよ」と城島の嗅覚にあきれていた。

 続いて、一行は城島のアイデアで、漂着物の納豆を調査用のカゴ網に入れて海中に設置。5日後に回収したところ、納豆の腐敗臭に誘われて、背中と胸のヒレに毒針を持つゴンズイが大量にかかっており、城島は「めちゃくちゃいるやんか!」と驚きの声をあげていた。

■特殊料理を絶賛の過去

 桝アナから嗅覚の異常を指摘されていた城島だが、ツイッターでも「リーダーの嗅覚死んでない?」「リーダーの嗅覚がやばいのはわりと前からだから」と、同様の声があがっていた。

 ファンから指摘されていたように、城島の嗅覚はにぶいようで、これまでも木の皮やキノコなどといった変わったものでお茶を作り、そのたびに話題を呼んでいる。2017年7月30日の放送回では、DASH島の舟屋に飾っていたハチの巣で“蜂の巣茶”を作成したが、平気な顔でお茶を飲む城島の一方、試飲した山口達也(49)は「にっげ~! すっぺぇ! クソまずい! これ最強! なにこのすっぱ苦いの!」と床を転げまわっていた。

 嗅覚の低下は加齢によって進行すると言われている。この11月で51歳を迎える城島だが、それが進行しているのか、心配なところだ。

関連リンク

  • 9/17 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 死んでるのは味覚だと思ってたけど、そうか、嗅覚だったのか。そう言えば糖度とかは当ててた様な。

記事の無断転載を禁じます