赤楚衛二とセクゾ中島健人の「愛する女性の条件」?サブスク解禁で激増必至の「ZARD系女子」

拡大画像を見る

 9月15日、90~00年代を象徴する音楽ユニットZARDの定額制音楽配信(サブスクリプション)が解禁となった。シングル45作品に、オリジナルアルバム11作品、セレクションアルバムなど含むベスト盤9作品、さらにプレミアムボックスのみに収録されていた幻の楽曲「約束のない恋」も初配信となり、これまで発表されていた全389曲(バージョン違い込み)がすべて配信される。

 今年2月10日でデビュー30周年を迎えたZARDは女性ボーカルアーティストとして最も多くのCDシングル売上げ枚数を記録しており、アルバムの売り上げ枚数はオリコン調べでは92年『HOLD ME』から99年の『ZARD BEST~Request memorial~』まで史上最多記録の9作連続ミリオンを達成したこともある。

 07年にボーカルの坂井泉水さん(享年40)が逝去した後も、根強いファンは多い。とりわけ93年発表の『負けないで』は、現在も多くの場面で流れているのは、ご存じの通りだ。

 今回の発表にツイッターでは「ZARD」がトレンド入り。

《ZARDサブスク解禁ありがとうございます。私の青春がたくさん詰まってる》《早速聞いてたらカラオケ行きたくなった!!けど、また休業中かーい!》《節約のためにサブスク解除しようとしてたけどZARDがサブスク解禁したので継続決定した》

 と、大盛り上がりだ。まだ20代前半の若いファンも多く見られた。また、「負けにゃいで」と題された新宿駅東口の猫の巨大3D看板でもZARDとのコラボがスタート。話題となっている。 

「ZARDは90年代の年間アーティスト別セールスではオリコンランキングの常連で、90年代アーティスト・トータル・セールスでは3位(女性ボーカルアーティスト1位)という圧倒的人気を誇るユニットでした。

 ZARDが所属していたレコード会社『ビーイング』はWANDSやDEENらの人気も相まって、90年代に社会現象を巻き起こしており、“ビーイング系”という言葉もできたほど。アニメやドラマのタイアップ戦術に強かったのも、人気の要因ですね」(音楽専門誌記者)

■ケンティと赤楚はZARD系女子がタイプ

 たとえば、現在も続く国民的アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)は98年の『運命のルーレット廻して』を皮切りに多くの主題歌を手掛け、遺作となった07年の『グロリアスマインド』も、『コナン』の主題歌。歌番組を見ない子供たちも、「ZARD=コナンの人」と自然にファンとなっていったのだ。

 芸能界でもZARDのファンは多い。今年7月スタートの連続ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)で初共演を果たした赤楚衛二(27)とSexyZoneの中島健人(27)は、ZARD好き同士仲良くなったと、7月5日に行われた『彼女はキレイだった』リモート取材回でコメントしている。

中島「人生の中で最高の友達に出会ったと思うくらいの方。血液型以外、全部一緒です!生年月日も近いですし、趣味も一緒だし、女性の理想像も横顔が美しい、ZARDの坂井泉水さん系美人というところが一緒」

赤楚「共通点が多すぎて、運命の相手なんじゃないか、生き別れの兄弟なんじゃないかというくらいです」

 ちなみに、『MonoMax Web』の連載『BEAMS特撮部』の18年4月のインタビューによると、赤楚はZARDに限らずT-BOLANなど90年代音楽が好きだと明かしたうえで、「まわり(世代)と話が合わない」と嘆いていた。中島という友人ができたのはなによりだろう。

「6月28日放送の『クイズドレミファドン!』(フジテレビ系)のイントロクイズではZARDの『揺れる思い』を2人で一緒に回答したり、8月30日の『ネプリーグ』(前同)では“(好きなタイプは)ZARD系女子”“横顔がきれいで伏し目がち”と、2人が同タイミングで答えたり、もはや双子レベルの掛け合いを見せました(笑)。イケメン同士の友情にも絡んでいるとは、流石ZARDですね(笑)」(前同)

 名曲はいつまでも語り継がれる。あらためて、ZARDの影響力の強さを感じずにはいられない。

関連リンク

  • 9/17 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます