Snow Man向井康二、大問題発言「SixTONES回避!」を華麗にスルー!TBS『冒険少年』ロケの不完全燃焼感

拡大画像を見る

 9月13日放送の『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)の「あばれる隊激流川下り」完結編で、Snow Manの向井康二(27)が手作りカヌーでの激流下りに挑戦した。今回の企画は、3日間で総距離7キロの川を自作した舟で下るというもので、前回放送では、あばれる君(34)、Yes!アキト(31)、ザ・マミィの酒井貴士(30)がカヌー作りに奮闘、激流で川下りに挑んだものの転覆し、2日間で700メートルしか進めなかった。そこでカヌーに改良を加え、再チャレンジしようとしているところにスケジュールの都合で遅れていた向井が合流した。

「ジャニーズが? 最終日にぬくぬくと」「ナメられてますね」と不満げな3人だったが、向井の登場に「康二~!」「俺ら3人じゃダメなんですよ!」と大喜び。

 今回放送の最終日では、向井を加えて残りの6.3キロに挑戦することになり、これまでの3人の失敗を活かして、4人で3度目の舟作りを開始。あばれる君が伐採した撥水性の高い杉の木の樹皮と竹を組み合わせたカヌーを作り、いざ川へ。向井を先頭に舟に乗り込み、下流を目指して漕ぎ出した。

 一見快調なスタートに見えたが、すぐに川底の岩に舟底が衝突。そこから方向転換し、慎重に先を急ぐ。先頭の向井が「ああ、石あります! ここ」「僕ガードします」と指示を出し、今度は川から出た大きな石を避けることに成功。みんなが「ナイスガード!」と向井を称賛すると、あばれる君も「SixTONES回避!」とSnow Manと同時デビューのSixTONESの名前を出してボケたが、向井にはスルーされてしまった。

 この後、川底が岩だらけの場所で舟が転覆、水中に投げ出された4人だったが、全員舟につかまりながら「魔の排水溝」と呼ばれる難所に飲み込まれる。途中、向井が流されそうになるなど危うい場面もあったが、なんとか難所を突破。向井は「ヤバかったです、今の」「今までの仕事で1番“ヤバいかも”って思いました」と息も絶え絶え。

 その後も挑戦を続けたが、スタートから1キロ進み、ゴールまで残り5.3キロところで舟も4人も満身創痍。あばれる君が、「このまま終わりたくないんで」と仕切り直しを提案した。向井は腕に絆創膏を貼るケガも負っていたが、あばれる君に「康二もなんとか……」とスケジュールについて聞かれると、向井は「すぐに相談します、これは」「ゴールせずに帰るのは気持ち悪いですね」と悔しそうに再挑戦を誓った。

■「また再挑戦してほしい」

 しかし、結局向井のスケジュールは合わず、約4週間後の撮影に現れたのはあばれる君とアキトのみ。あばれる君が空き時間を使ってドラム缶船を作成し、2人で挑戦したが、ゴールにたどりつくことはできなかった。

 向井の参戦で2週にわたって散々煽られていた企画だったが、実際の向井の登場シーンはわずかで、ほぼあばれる君メイン。しかもゴールできずという、やや不完全燃焼な結果に、視聴者からは「もっと向井くん出るかと思ってた」「ただのあばれる君企画で草」「忙しいから仕方ないかもしれないけど、ちゃんとスケジュール押さえてほしい」「また再挑戦してほしいな」などの声が上がった。

『冒険少年』では、人気企画の「脱出島」をメインにサバイバルやその他の挑戦企画を放送しているが、多忙なSnow Manメンバーの向井や目黒蓮(24)はレギュラーながら、ロケ参加の機会は少ない。一方、今回の企画でもメインだったあばれる君は、ボーイスカウト経験があり、高校時代は山岳部に所属、実は教員免許も持つ博識ぶりで、番組でも数々のサバイバルを成功させている。

 今年4月には、番組であばれる君が自腹で山を購入。この「あばれる山」を開拓する企画もスタートし、実質的にもあばれる君が番組の中心になっている。今や売れっ子のSnow Man、ファンにしてみれば向井と目黒の活躍ももう少し見たいところだが、時間の取られるロケへの参加はなかなか難しいのかもしれない。

関連リンク

  • 9/17 7:11
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます