Snow Man『それスノ』阿部亮平コロナで不在も神対応、メンバーと番組スタッフが見せた“阿部ちゃん愛”

拡大画像を見る

 9月12日に放送された、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)で、新型コロナウイルスに感染したため番組を休んだ阿部亮平(27)への対応に、メンバーの愛を感じたと多くの称賛の声が寄せられていた。

 今回の放送は、メンバーとゲストのパントマイム・アーティスト、が~まるちょばが6チームに別れ、「ネットにあげたらバズっちゃう」動画制作に挑戦することに。阿部は動画制作の収録には参加していたが、スタジオでの収録は欠席していた。

 番組冒頭、岩本照(28)が阿部について「現在、体調回復しておりますが、大事を取ってお休み」だと告知。深澤辰哉(29)が「阿部ちゃんのぶんまで、皆さん、頑張っていきましょう!」と声をかけると、ワイプ画面のメンバーが気合を入れ、佐久間大介(29)が「阿部ちゃん、見てる~?」とエールを送った。

 まず阿部と渡辺翔太(28)のチームが披露したのは、“ギリギリチャレンジ”と題した動画。デスソースとタバスコが入った激辛ドリンクを目隠しして1メートルのストローで吸い、ギリギリ飲まないところでストップできるか挑戦した。

 阿部は「ちょっと待って、ヤバい」とおびえつつ、慎重に吸い上げていったが、激辛ドリンクを飲んでしまい、「痛いっ!」と悶絶。動画を見ていた渡辺は「阿部ちゃん、これ見て体調悪くなってないか心配になっちゃう」「笑ってくれてればいいなぁ」と気づかっていた。

 続いて、水差しに入った熱湯を、熱湯が入った別の容器に早く移すチャレンジが、阿倍の似顔絵アニメを使って紹介された。“裸足なので超危険”だと説明が入ると、岩本が「阿部、体張ってるな~」と驚き、佐久間が「阿部ちゃん、チャレンジし過ぎだろ!」とツッコんだ。

■公式ツイッターも阿部を応援

 しかし、実は阿部はドッキリの仕掛け人で、容器に入っているのは熱湯ではなく液体窒素。何も知らずに渡辺が熱湯を注ぐと、スゴい勢いで白い煙が吹き出し、渡辺が見えなくなってしまうほど。渡辺がア然としていると、阿部は大喜びしていた。

 そして、ドッキリの仕掛けを渡辺にバラすと、阿部はカメラに駆け寄って、笑顔で「みんな分かったかな? 以上、ドッキリ大成功でした」と視聴者にアピール。これに、ワイプ画像の中で向井康二(27)が「かわいい」と、思わずつぶやいていた。

 これを見ていた視聴者はツイッター上で「コロナ感染で大事をとってお休みだってこと、冒頭でひーくん(岩本)が明言してくれた。メンバーの表情から、阿部ちゃんは本当に大丈夫なんだなって伝わったよ」「しょっぴー(渡辺)の阿部ちゃんイジリにも愛があるし、みんな阿部ちゃんに優しい」など、メンバーの対応を喜んでいた。

 また、番組の公式ツイッターは、阿部の感染が発表された8月28日、阿部の誕生日11月27日に合わせた、午前11時27分に「#ひとりじゃないって最強だ」というハッシュタグを添え、9人がピースサインをする写真を投稿。これに13万8000の“いいね”がつけられ、「それスノスタッフ最高っす」など、多くの感謝のコメントが寄せられていた。

 ジャニーズ事務所は9月11日、療養中の阿部が回復し、翌日から活動を再開することを発表した。同グループは宮舘涼太(28)も昨年12月に新型コロナウイルスに感染。これを受け、白組での初出場が決まっていた、大みそかの『NHK紅白歌合戦』の出場を辞退することになったが、この困難を乗り越えたことによって、メンバーの絆は強固に。今回の阿部への神対応もうなずけるところだ。

■9人はしっかりつながっている

 Snow Manへの愛があちこちに感じられる同番組。ファンにとって、視聴マストなのは言うまでもない。

※画像は『それSnow Manにやらせて下さい』番組公式アカウント「@sore_snowman」より

関連リンク

  • 9/17 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます