PayPayの最大66.5%還元、最大に伸ばす方法は?

拡大画像を見る

 スマートフォン決済サービスを提供するPayPayは、11月28日までの期間、「街のお店応援キャンペーン」を実施している。条件を満たし、自治体ごとに開催しているキャンペーンと合わせれば、最大66.5%になるチャンスだ。

 「街のお店応援キャンペーン」では、店舗が提示しているコードを、ユーザーがスキャンしてPayPay残高で飲食代を支払うと、利用金額の最大20%がPayPayボーナスとして還元される。さらに、新規利用の人、半年間利用のない人は還元率が40%になる。これにほかのキャンペーンを組み合わせると還元率が上がる。
 例えば、9月に開催している最大30%還元の東京・江東区応援プロジェクトをあわせて活用すれば最大70%還元になる。ただ、キャンペーンを複数併用した場合の還元率の上限は66.5%に設定されているため、3.5ポイント分の還元は切り捨てになる。
 還元上限はキャンペーンごとに異なる。街のお店応援キャンペーンは期間中1000円相当が上限。PayPay江東区応援プロジェクトは3000円相当/回、1万2000円相当/期間としている。対象の店舗はPayPayアプリ内のマップで探すことができるので、上手に活用してお得な買い物を実現したい。

関連リンク

  • 9/17 6:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます