目に障がいがある5歳女児、誕生したばかりの弟と初めて対面(米)

拡大画像を見る

米テキサス州フリスコ在住のマイケルさん(Michael)とキャロライン・ハルバートさん(Caroline Halbert)にはプレスリーちゃん(Presley、5)、クレアちゃん(Claire、3)、ハンター君(Hunter、5か月)の3人の子供がいる。

キャロラインさんは家族の成長記録をSNSやブログに投稿しており、このたび目に障がいを持ったプレスリーちゃんが、生まれたばかりのハンター君と初めて対面した瞬間を捉えた動画が話題となっている。

プレスリーちゃんの目の疾患は先天性のもので、1歳の誕生日までに5度の手術を受けたが目は機能していない。そのためプレスリーちゃんは弟に触れ、声を聞き、匂いを嗅ぎ取ることでイメージを膨らませる。

動画はプレスリーちゃんが「ハイ! ハンター、ハイ! スウィートボーイ」と優しく語りかける場面で始まる。ハンター君はキャロラインさんに抱っこされており、すぐそばに立つプレスリーちゃんは右手で弟の肩に触れながら「プレゼントがあるのよ!」と興奮気味に話し始める。

キャロラインさんが「プレゼントは何?」と聞くと、プレスリーちゃんは「ラジオよ!」と答え、嬉しさを抑えきれないのか身体を前後に揺らしている。

キャロラインさんはそんな娘の右手をハンター君の頭の上にそっと置くと、「ハッピーバースデーの歌を歌ってくれる?」とリクエスト。プレスリーちゃんは高い声で抑揚をつけ、小さな弟のために「ハッピーバースデートゥーユー」を見事に歌い上げた。始終笑顔で、弟の誕生を心から喜んでいるのが伝わってくる。きっと3人のそばにはマイケルさんがいるのだろう。その場は温かい笑い声に包まれる。

キャロラインさんのブログによると、夫妻が娘の目の異常を知らされたのは生後1週のことだったそうで、当時のことを「まるでジェットコースターにでも乗っているかのような山あり谷ありの毎日だった」と明かし、その後の検査でわかったこと、苦しい胸のうちなどを次のように綴っていた。

「娘の目が見えないのは、私たち夫婦の遺伝子が原因なの。なぜ? こんなことってある? 苦しんで悩んでなんとか助けたいと思って努力を重ねてきたけど、医師には『できるだけのことはした。これ以上の手術は負担でしかないのでしばらく様子をみましょう』と言われたの。精神的にどれほど打撃を受けたことか…。」

「それでも私たちは焦らずゆっくりと娘に付き合っていく決心をしたの。娘が私たちを親に選んでくれたことに感謝しよう。娘ができないことより、できることに目を向けていこう。心無い言葉をかけられても気にしないでいこう。娘に障がいがあっても普通の子と同じように育てていこうと決めたの!」

そしてそんなキャロラインさんの思いが通じたかのように、プレスリーちゃんは明るく伸び伸びと成長していった。1歳8か月の頃にはアルファベットのAからZ、農場で暮らす動物の声、身体の各部位の名前、20までの数、家のレイアウトがわかるようになり、人の声を聞き分け、物に触るとそれが何かが認識できるようになった。

キャロラインさんは「娘を誇りに思う」と述べ、このように続けた。

「プレスリーは本当に頭がいいの。まるでスポンジのように何でも吸収するのよ。特に歌を歌うことが大好きで、お気に入りはマイケル・ジャクソンの『スリラー』と『ビート・イット』よ。」

「あの子は元気で愛に溢れていて、それでいて手が掛かって意固地。でも人々に光を与えてくれる存在なの。娘はまだ自分がユニークだということを分かっていないけど、他の人とは違うからといって臆病になって欲しくない。大切なのは心だから。私が今あの子にできることは、精いっぱい愛することよ!」

なお2人の姉になったプレスリーちゃんはハンター君の面倒を見るのが大好きで、弟が泣き出すと「大丈夫よ。アイ・ラブ・ユー」と言ってお姉ちゃんぶりを発揮しているそうだ。

ちなみにこの動画には「ビューティフル!」「なんて温かいの!」「心がとろけそうよ」「人を愛することに障がいは関係ないのよね」「2人は姉弟としてこれからずっと支え合っていくんだろうね」「涙が止まらない」「今の世界にはこういう愛が必要」「彼女はまるで天使だわ!」「心の目で弟を見ているのがよくわかる」「両親に愛情をいっぱいもらっているんだろうね」といったコメントが届いている。

この投稿をInstagramで見る

Good News Movement(@goodnews_movement)がシェアした投稿

画像は『InspireMore.com 2021年9月14日付「“Hey Sweet Boy!” Blind 5-Yr-Old Meets Brother For 1st Time In Heart-Melting Video.」』『Caroline Halbert 2016年10月8日付Instagram「We couldn’t give up hope.」、2021年4月13日付Instagram「very different initial reactions」、2021年6月14日付Instagram「hearts full!」、2021年8月15日付Instagram「Sweet morning celebrating Presley」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 9/17 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます