肉の厚さに興奮!一口食べれば、旨みが炸裂する「極ハラミ」

ハラミを塊のまま豪快に焼く!

そんな肉好きにとって夢のような一品を堪能できるのが、赤坂の『KABUN-CHIKA(カブン チカ)』だ。

絶対的な鮮度に自信を持つ名店『KABUN』の姉妹店ゆえ、期待値を超えゆくハラミを頂けるのも当然。

そんな同店の名物「ハラミステーキ」を豪快に頬張ってみて!

▶「ハラミ特集」前回:食べ応えある厚みとジューシーな肉汁!“カリスマ的”とも称される「厚切りハラミ」!

※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

「ハラミステーキ」3,500円。全長約20cmで大迫力の塊は150g。周囲をしっかり焼くことで香ばしさとジューシーさのコントラストを創出している。わさびやホースラディッシュで味変も


ここでは、生肉がドドーンと大迫力で登場するが、ベストな仕上がりのためにも焼きはスタッフに任せたい。

客の目の前で転がしながら焦がすように、全面をカリカリに焼いていく様は、思わず見入ってしまうほどのライブ感だ。

そして、網の端で数分寝かせたら厨房へ。

皿に盛ってお色直しした肉は美しくカットされており、ミディアムレアの美しい断面にじんわりと肉汁がにじむ。

かみ締めれば、野趣あふれる旨みが炸裂する。

表面を焦がすように仕上げる塊肉は、かみ締めるたびに肉汁があふれる


「黒毛和牛のサガリを使っています。ジューシーな味わいが感じられる部位で、レア気味が一番美味しい。だから塊で出して、中は余熱で火を通します」と話す店長の李 相英さん。

こちらのハラミも、オススメです!


適度にサシの入った「極ハラミ」3,300円。

厚くスライスして塩胡椒でシンプルに調味される。中までしっかり焼き、脂の甘さを引き出すのが正解だ。

本店『KABUN』同様、ホルモンに絶対的な自信を持つ姉妹店ゆえ、ハラミの質にこだわるのは当然。

芝浦の市場で昔から付き合う業者より鮮度重視で仕入れている。

素材はもちろん、備長炭で絶妙な焼き加減に仕上げているのが美味しさの秘訣だ。

その塊肉の旨さが詰まった豪快なハラミステーキの実力は、食べれば分かる。

店主が語るハラミへの並々ならぬこだわり


正肉はいいものを仕入れる店が多く、味付けで個性を競っていますが、ウチはホルモンの鮮度で他店との差別化を図っています。

だから、ハラミも最高のものなので塩味が基本です。


他店との差をつけるべく、絶対的な鮮度にこだわる『KABUN-CHIKA』。

鮮度に自信があるゆえ、シンプルに調味。

肉本来の旨味をダイレクトに感じることのできる、同店自慢のハラミを是非味わってほしい。


▶このほか:食べ応えある厚みとジューシーな肉汁!“カリスマ的”とも称される「厚切りハラミ」!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/17 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます