Hey! Say! JUMP山田涼介、“いま一番会ってみたい人”と対面で感激「耳壊れるんじゃないか」

【モデルプレス=2021/09/17】Hey! Say! JUMPがレギュラーを務めるラジオ番組『Hey! Say! 7 Ultra JUMP』(文化放送/毎週木曜24時05分~)。パーソナリティを務めるHey! Say! JUMPが来年デビュー15周年を迎えるにあたってのスペシャル企画第一弾として、山田涼介がメインパーソナリティを担当する9月9日(木)、16日(木)の2週にわたり、声優・津田健次郎がゲストとして出演し、“アニメ愛”溢れるトークを展開した。

『Hey! Say! 7 Ultra JUMP』は2008年9月から放送を開始し、山田、知念侑李、中島裕翔の3人が交代でメインパーソナリティを担当。ゲストが登場するのは、放送開始以来、今回が初めてだった。

◆山田涼介、いま一番会ってみたい人と“アニメ愛”溢れるトーク展開

今回は、アニメ好きで知られる山田が「いま一番会ってみたい人」として津田健次郎の名前を挙げたことで実現。

番組冒頭、山田は最初に触れた津田出演作として約20年前に放送された『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』を挙げ、私物の『遊☆戯☆王』キャップを披露。「僕、今でも遊☆戯☆王カードを集めてるんです」と、大好きな作品であることを明かした。

また、山田は津田が演じたキャラクターの中で特に好きなものとして「『ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)』のオーバーホールが大好きすぎて。ダークな役に憧れがあるというか、僕もお芝居で陰のある役をやると楽しいので。(その声を担当する津田さんを目の前にして)僕、女子だったら今、耳壊れるんじゃないかって(笑)」と感激を口に。放送では、終始山田の“アニメ愛”溢れるトークが展開された。

◆山田涼介「幸せでした、耳が」津田健次郎の声に感激

一方、自身の声の魅力について問われると、「自分では変な声というか変わった声だと思っていて。逆にそれが良かったのかなと。いわゆる王道の低音の“イケボ”じゃない低音系だと思っています。鼻にかかっていて、ハスキーで、喉もちょっとやられていて。風邪の症状が全て入ったような声だと思っています(笑)」と語った津田。

このほか、津田のこれまでの出演作に関する秘話や「こんなことを言ってもらえたら来週まで1週間がんばれる!」と思えるセリフを読み上げるコーナー「元気になれるHey! Say! Words!」に津田さんが参加するなど、聴きどころ満載の内容となった。

憧れの津田との対談を終えた山田は、エンディングで「楽しい時間をありがとうございました。幸せでした、耳が」と笑顔を見せた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/17 1:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます