眞栄田郷敦、デビュー2年で「役者として初めての賞を頂きました」今後の目標明かす<ゆうばり国際ファンタスティック映画祭>

【モデルプレス=2021/09/16】俳優の眞栄田郷敦が16日、都内で開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021 Powered by Hulu オープニングセレモニー」に女優の南沙良とともに出席。受賞に喜びの思いを明かした。

◆眞栄田郷敦、役者デビュー2年で初受賞

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は、北海道・夕張市で開催されてきた映画祭。近年の活躍が目覚ましく、今後のさらなる活躍も期待される「ニューウェーブアワード」の「男優部門」を受賞した眞栄田は「めちゃくちゃいい雰囲気ですね。緊張していたんですけど、落ち着きました」とにっこり。

また眞栄田は「僕は2019年に、本当にありがたいことに、御縁あって『小さな恋のうた』という映画で、この世界に入らせていただく機会をいただいて」と俳優としてのキャリアを回想。

「役者として初めての賞を今日頂きました。本当に光栄です。ありがとうございます。ここからさらに、実力は勿論ですけど、人として優れた、それこそニューウェーブを起こせる役者を目指して、精進していきたいと思います。この度は本当にありがとうございます。そして、これからも、もしよろしければ、見ていてください」とも語った。

この日はバカリズム、齊藤工、清水康彦、木下彩音なども出席していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/16 20:14
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます