W杯予選を経て最新のFIFAランク発表…日本は26位に後退、アジアトップをイランに譲る

拡大画像を見る

 国際サッカー連盟(FIFA)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。

 前回の発表は8月12日。約1カ月の間に、FIFAワールドカップカタール2022の予選が各地で行われたためランキングにも大幅な変動があった。

 日本代表は中国代表を1-0で下したものの、オマーン代表に0-1で敗れたため順位を24位から26位に落とした。一方イラン代表がシリア代表、イラク代表に2連勝したため順位を22位に上げ、日本はアジアトップの座を譲り渡した。

 また、EURO2020で準優勝のイングランド代表はこの代表ウィークを2勝1分と無敗で切り抜け3位に浮上。3連勝で勢いに乗るポルトガル代表は7位まで順位を上げている。

一方、前回トップ10入りしたアメリカ代表は13位まで交代。デンマーク代表が10位にランクインしている。

 最新のFIFAランキング・トップ30は以下の通り。

1位 ベルギー
2位 ブラジル
3位 イングランド
4位 フランス
5位 イタリア
6位 アルゼンチン
7位 ポルトガル
8位 スペイン
9位 メキシコ
10位 デンマーク
11位 オランダ
12位 ウルグアイ
13位 アメリカ
14位 ドイツ
15位 スイス
16位 コロンビア
17位 クロアチア
18位 スウェーデン
19位 ウェールズ
20位 セネガル
21位 ペルー
22位 イラン
23位 チリ
24位 ポーランド
25位 チュニジア
26位 日本
27位 ウクライナ
28位 セルビア
29位 オーストリア
30位 アルジェリア
  • 9/16 19:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます