移籍の可能性浮上も…レスター指揮官、ティーレマンスを信頼「彼の成長に全力を尽くす」

拡大画像を見る

 レスターのブレンダン・ロジャース監督が、同クラブに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスについて言及した。15日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 レスターと2023年までの現行契約を結んでいるティーレマンスは、先日現地メディアの取材に対し「選択肢を広げておきたい」と自身の去就についてコメントしており、将来的な移籍の可能性が伝えられていた。

 そして、今回の取材に応じたロジャース監督は、同選手の印象についてその発言も含めて言及。以下のように語り、現チームの主力へ改めて信頼を寄せている。

「そこには何のドラマもない。ただの現実だ。私にとって問題なのは、チームへのコミットメントが欠如していたりインテンシティが足りなかったりすることだが、ユーリにはそのようなことは感じられない。多くの選択肢を備えるのは自然なことだ。彼は非常に才能あふれる選手で、定期的にクラブと話し合っているよ」

「彼はトップクラスのプロであり、一緒に仕事をするのが楽しく感じられる。そして彼は常に全力を尽くすし、私も彼がここにいる間は、たとえそれがいつまでであろうと、彼の成長に全力を尽くすつもりだ」

 直近のプレミアリーグで2年連続5位という成績を収めているレスターだけに、チームを支えるティーレマンスの去就に注目が集まる。

関連リンク

  • 9/16 19:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます