G大阪が発表…来季より育成組織所属のFW坂本一彩、MF中村仁郎がトップチーム昇格内定

拡大画像を見る

 ガンバ大阪は16日、ガンバ大阪ユース所属のFW坂本一彩、MF中村仁郎が2022シーズンよりトップチームへ昇格することが内定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在18歳の坂本は熊本県出身で、ソレッソ熊本、JFAアカデミー福島を経てガンバ大阪ユースへ入団。トップチーム昇格に際し、クラブ公式サイトで以下のようにコメントを残している。

「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」

 現在18歳の中村は大阪府出身で、ダックSC、ガンバ大阪ジュニアユースを経てガンバ大阪ユースへ昇格。トップチームへの加入に際し、クラブ公式サイトで以下のようにコメントを残している。

「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました。今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」

関連リンク

  • 9/16 18:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます