【ローズS注目馬】父ディープインパクト、母仏オークス馬 世界的良血が3冠目奪取に向けて始動

拡大画像を見る

 9月19日、中京競馬場で行われるローズS(3歳牝・GII・芝2000m)に出走するオヌール(牝3、栗東・友道康夫厩舎)。

 同馬は父ディープインパクト、母アヴニールセルタン、その父Le Havreという血統。通算成績は3戦2勝。

 父ディープインパクトは、2005年に無敗で牡馬クラシック3冠を制覇。以降、4歳で天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を勝利し、通算GI・7勝を挙げた日本競馬史上、最高の競走馬だったことは言わずもがな、種牡馬としても2020年に無敗で3冠を制したコントレイルをはじめ、多くのGI馬を送り出した。

 母アヴニールセルタンは2014年仏1000ギニー、仏オークスの2冠を制した名牝。本馬はその2番仔で、全姉には今年の阪神牝馬Sを制したデゼルがいる。

 2020年11月の新馬戦では、武豊騎手を背に33秒4の末脚で快勝。やや間隔を空けて出走した今年3月のアルメリア賞(1勝)でも、32秒7という鬼脚を繰り出してデビュー以降2連勝を飾った。

 重賞初挑戦となった4月のフローラSでは、持ち味を発揮することなく8着に敗れ、オークスに出走することは叶わず。もともと小柄な馬だが、前走は404キロとデビュー以来最低の馬体重だった。休み明けの一戦となる今回、馬体がどこまで回復、成長しているか、注目して世界的良血を見守りたい。

関連リンク

  • 9/16 17:44
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます