「彼女はキレイだった」脚本家、宗介(中島健人)&愛(小芝風花)の5年後の結末に言及

【モデルプレス=2021/09/16】Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜よる9時~/一部生放送)の最終話が14日、放送された。同話のラストシーンについて脚本家の清水友佳子氏が言及し、反響が寄せられている。

◆中島健人&小芝風花W主演ドラマ「彼女はキレイだった」

本作は、冴えない太っちょ少年からイケメンエリートとなった“最恐毒舌”副編集長・長谷部宗介(中島)と優等生美少女から冴えない無職となった“残念アラサー女子”・佐藤愛(小芝)のすれ違う初恋の行方を描く、ラブストーリー。

◆「彼女はキレイだった」ラストシーンについて言及

ラストシーンでは、2人が結婚した5年後、宗介が愛と同じ癖毛の娘・澪の手を引き、信号を渡ろうとする場面が描かれた。子供は愛の名前が書かれた絵本を持っていたが、愛の登場はなく、ネット上では“5年の間で、愛に何かあったのでは”という声が上がっていた。

この視聴者の不安に対して清水氏は15日、自身の公式Twitterを更新。「ご質問いただいたので」と切り出し「ラストシーン、本編ではカットされてましたが、脚本では宗介は澪に『ママが待ってる、早く帰ろう』と言ってます」と説明。「3人仲良く幸せに暮らしています」とコメントした。

また、清水氏は「他にも、尺の都合でカットになった部分がいろいろあるので、DVDには入るといいなぁ」とつづっている。

◆「彼女はキレイだった」ラストシーン言及に反響

この投稿に「教えていただきありがとうございます!」「ずっと気になってたからハッピーエンドで安心」「3人が幸せでいてくれて本当によかった」などと視聴者から安心の声が寄せられた。

そして「短いセリフをカットするくらい、一秒一秒緻密に計算されてるドラマすごい」「放送されなかった5年間のドラマ化希望です!」とドラマ続編を求む声も届いている。(modelpress編集部)

情報:カンテレ・フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/16 17:25
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます