鈴木唯アナ、意外な交友関係明かす 軽部真一アナが“唯”と呼び捨てする理由は?【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】

【モデルプレス=2021/09/16】「フジテレビ×モデルプレス」アナウンサー連載第2弾『“素”っぴんトーク』―――― Vol.9~10は軽部真一アナ(かるべしんいち・58)、鈴木唯(すずきゆい・27)の「めざましテレビ」エンタメキャスターでトーク。

◆フジテレビアナの素顔に迫る「“素”っぴんトーク」

テレビには映らないフジテレビ女性アナの知られざる素顔に迫った連載第1弾「女子アナの“素”っぴん」に続く本連載では、男性アナも交えた対談形式にパワーアップ。共通点を持ったメンバー同士が集まり、仲間だからこそ知る“素”の一面を引き出していく。

第5回は、1985年に入社し、1995年の「めざましテレビ」(毎週月~金曜、あさ5時25分~)開始当初からエンタメ情報を伝え続けてきた軽部アナと、そんな軽部アナがインタビュー力を絶賛しているという2016年入社の鈴木アナが対談。

――――――――後半戦(Vol.10)スタート!

◆軽部アナの素顔、鈴木アナが告白

― 「めざましテレビ」でずっと共演されているからこそ知っている、お互いの意外な一面はありますか?

軽部:プライベートで付き合いがあるというよりは、週2回「めざまし」で彼女と仕事をしているのがほぼ全てなんです。趣味や今ハマっていることはある?

鈴木:ゲームをやっています(笑)。でも、ゲームでいうと軽部さんの方がすごい!軽部さんは好きなものを突き詰めるタイプで、今ハマっているのが「ポケモンGO」ですよね。

軽部:そうだね。今、遅ればせながら「ポケモンGO」でトレーナーをやっています(笑)。

鈴木:いつ始めたんですか?

軽部:2020年(笑)。

鈴木:運動をするのがあまり好きではない軽部さんが、電車に乗っている時に「ポケモンGO」を開いて、レアなポケモンが近くにいると分かったらわざわざ途中下車して、坂を上がって捕まえに行ったと聞きました(笑)。「ポケモンGO」パワーはすごいなと。

軽部:わざわざ下車したのは、ラプラスの時です(笑)。僕はまだラプラスを持っていなかったのですが、大崎駅で出現して。東京テレポートからまっすぐ恵比寿や渋谷に行ける電車だったのに、大崎で降りました。坂を上がったのは渋谷でリザードンを獲った時だね。

鈴木:そう!びっくりしました(笑)。

◆鈴木アナ「めざまし」メンバーとはプライベートでも交流

軽部:唯は「めざまし」の若手チームと交流はある?

鈴木:仲良いです!今はコロナ禍なので、帰宅してから電話を繋いでオンラインゲームをすることもありますし、プライベートでも交流がありますね。三宅(正治)さんと映画を観に行くこともあります(笑)。

軽部:え!?何で三宅と映画を観に行くの!?

鈴木:永島(優美)さんなども一緒に「鬼滅の刃」を観に行きました。

軽部:何で同じエンタメ担当なのに僕と行くことは無いのだろう…。コロナが収まったら、邦画を観に行こうか。

鈴木:軽部さんと行ったら集中できなさそうです(笑)。

軽部:何で!?楽しいでしょ!

鈴木:隣に軽部さんがいると思うと集中できないです。

軽部:それは大変申し訳ないけど、僕のことが好きだってこと?今のフレーズだけをとったらそう思いますよ(笑)。

鈴木:違います!そういう意味じゃないです(笑)。

◆軽部アナが鈴木アナを“唯”と呼ぶ理由

― ここまでお話をお聞きして、軽部アナが鈴木アナを下の名前で呼んでいるのが印象的でした。

軽部:これが面白いのですが、昔は結構下の名前で呼ぶことが多かったんです。僕がまだ30代くらいの頃は、西山喜久恵は「きく」、小島奈津子は「奈津子」や「なっちゃん」だった。その後、下の名前で呼ぶ時代ではなくなったんです。高島(彩)くらいから名字時代に入ってくる感じ。山崎(夕貴 ※「崎」は正式には「たつさき」)などもそうですが、名前時代の復活のきっかけになったのは鈴木唯かもしれない。

鈴木:そうです!私が「下の名前で呼んでほしい」とお願いしたんですよね。軽部さんやディレクター&ADさんを含め、エンタメチーム全員に言いました。

軽部:それも「唯さん」とか「唯ちゃん」じゃないんだよね。

鈴木:そうなんです。呼び捨てが良い。

軽部:そう言ってくれたのはありがたくて、みんなナチュラルに「唯」と呼んでいます。「鈴木」「鈴木さん」とはアナウンス室では誰も言わないよね。

また、最近「下の名前で呼ぶ」という運動がちょっと再燃しています。永尾亜子もずっと「永尾」だったのですが「どっちが良い?」と聞いたら「亜子の方が良い」と。藤本万梨乃も渡邊渚も下の名前で呼んでいますが、この間久しぶりに山崎と三上(真奈)と一緒になったら「聞きましたよ、最近下の名前で呼んでいますよね。ちょっとそれどういうことですか?」と言われました。山崎が「渚はやばい!」と(笑)。「わかった、じゃあ夕貴って呼んでやるよ」って言ったら「やめてください!」と言っていました。あれは嫉妬だと思っています(笑)。

◆鈴木アナ「軽部真一を目指します!」

― 最後に今後の目標を教えてください。

鈴木:はい、軽部真一を目指します!

軽部:お~!それは本当に思っているの(笑)?

鈴木:はい、でもポジションということではなくて、インタビューに関して軽部さんのようになりたいなと。私のコーナー「鈴木唯のフトコロ入らせてください」は、2択でその人の考えを引き出すような感じで、軽部さんの「The 軽部真一」は作品や今までの役者人生について深く聞くことができるので、インタビューのノウハウを更に広げていきたいなと。

軽部:スタイルが違うからね。唯は1対2がほとんどで、僕は1対1が圧倒的に多いから。

鈴木:はい。ですが、今後は軽部さんのようなインタビューもできるようになりたいです。また、軽部さんが凄いのは、スタジオで急にフリートークをしなければいけなくなった場合に、どんなネタでも話せることです。手元に何も情報やメモがない状況で、50秒くらいの長い時間でも時間通りに収めて締める。私もいつかできるようになりたいです。

軽部:それはもう明日にでもできるんじゃない?

鈴木:いや、できないです(笑)!

軽部:ですが、適宜に対応できるという能力は大事かもしれないですね。唯はまだ入社6年目で、未来がずっと広がっている。今は「めざまし」のエンタメコーナーと週末のスポーツ番組、両方とも良い仕事ぶりをしている中で、今後はどうしていくのか気になりますね。

個人的な意見ですが、これから唯のところにはきっと大きな仕事が舞い込んでくるだろうと思います。バラエティーの司会も想像できるし、僕は唯には山崎のようなポジションに入ってほしい。山崎もエンタメキャスターとしてのインタビュー能力が高かったから、唯はやはり山崎を継いでいる感じがするんだよね。

鈴木:山崎さん、凄いですよね。

軽部:どんな時も外さないのが山崎なのですが、それで言うと唯は「フトコロ」で必ずコスプレをするんです。ある時はヤンキー、ある時は姐さん、どれをやっても面白いから凄いと思います。

鈴木:あれは、エンタメチームのディレクターやスタッフが考えてくれるおかげです。

軽部:いやいや、それもやってのけるから凄いと思う。そう考えると、これから色々な番組から山崎のような感じで声がかかって、引っ張りだこになっていくのではないかなと。

鈴木:すごく褒めてくれますね(照)!

軽部:本当にそうだよ。だから「The 軽部真一」のライバルは「フトコロ入らせてください」。

鈴木: 軽部さんの未来は?

軽部:僕はもう前途洋洋と薔薇色に(笑)。もう今年の秋で59歳になりますからね。僕と三宅は来年還暦という1つの大きな節目を迎えるので、「50代はこういう仕事をやってきた。じゃあ60代はどういう風に仕事していこうか」と考え始めるような時期かなと思います。

鈴木:今、そのイメージはもう頭にあるんですか?

軽部:いや、そんなに無いよ。

鈴木:フリーになられるんですか(笑)?

軽部:さあ、どうでしょう(笑)。それはもうちょっと経たないとわからないんじゃないかな。ですが、今後も良い感じに仕事をしていきたいと思います!

― 貴重なお話をありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆軽部真一(かるべ・しんいち)プロフィール

生年月日:1962年10月8日/出身地:東京都/出身大学:早稲田大学/血液型:O型/入社年:1985年

<担当番組>
めざましテレビ
MUSIC FAIR
BS・CS男おばさん!!
BS・CS日曜邦画劇場

◆鈴木唯(すずき・ゆい)プロフィール

生年月日:1993年12月13日/出身地:東京都/出身大学:早稲田大学/血液型:B型/入社年:2016年

<担当番組>
めざましテレビ
Live News α
S-PARK
サッカー中継

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/16 17:05
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます