JR博多駅のホームで行列ができた店「明鏡志水」が、博多デイトス地下1階に復活!

拡大画像を見る


JR九州フードサービスが展開する、博多駅5番6番乗り場のポップアップショップの第一弾として大人気だった「明鏡志水(めいきょうしすい)」が、この度バージョンアップして復活。現在のラーメン店舗にかわり、9月15日(水)、博多デイトス地下1階にオープンする。

「明鏡志水」は、今年3月10日から約3か月間限定で博多駅のホームで営業し、期間中JRの入場券を購入して来店する人など、のべ1万5千人を超える多くの客が利用した。

アラカルト料理も登場

今回は、好評だった「淡麗らぁ麺」に加え、ディナータイムには新メニューとしてナチュラルワインやおつまみなど、公邸料理人としても活躍していた「わび」の秋吉シェフ自慢の多様なアラカルト料理も用意した。

豊富な新メニューいろいろ

メニューには、「鶏魚醤そば」850円、「鰹昆布水つけそば」1100円、「明鏡志水PURE」950円のほか、ディナー限定メニューとして、「済州島の〆鯖、薬味ポン酢」1200円、「スペシャリテ クリスピーポテト」600円、「季節野菜のエチュベ」1000円などがラインアップしている。

新たに生まれ変わる「明鏡志水」。気になる人は新店舗をさっそくチェックしてみて。

■明鏡志水
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス地下1階

  • 9/16 17:12
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます