Facebookで恋人同士のいざこざが起こる原因9パターン

好きな人のプライベート情報が見られるというメリットがあるものの、浮気や嫉妬の疑惑も湧きやすいFacebook。どんな行動が揉め事の原因になりやすいのでしょうか。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の声を参考に、「Facebookで恋人同士のいざこざが起こる原因」をご紹介します。

【1】知らない人と親しげにしている写真をアップする
「会社の同期と写っていても、『あいつ誰なんだよ』という話になりがち」(20代女性)というように、共通の知人ではない人物と楽しげに過ごす様子を見て妬く恋人は多いようです。相手が嫉妬しやすいタイプなら、タグ付けを外すなど投稿を見せないための配慮が必要かもしれません。

【2】元恋人らしき人物と盛んに交流している
「『ちゃんと別れてないんじゃないの』と責められた」(10代女性)というように、以前付き合っていた人とのコメントのやり取りは、現在の相手を不安にさせるおそれがあります。復縁のつもりはなくても、やり取りはなるべく伏せておきましょう。

【3】ちょっとした愚痴に対して恋人が「自分のこと?」と過剰反応する
「不満を漏らすと、『直接言えよ』ってカレが絡んできて困る」(20代女性)というように、何でも自分ごとと捉えてしまう恋人がいる人もなかなか苦労しているようです。愚痴は友達同士で発散するか、書くとしても恋人には非公開にしておいたほうがいいかもしれません。

【4】プロフィールに「恋人募集中」と書いたままになっている
「設定がそのままだっただけなんだけど、『どういうこと?』って突っ込まれた」(20代女性)というように、自己紹介欄を「フリー」にしたままだったことが原因で揉めるケースもあります。忘れないうちにステータスを「交際中」に変更しておきましょう。

【5】異性の投稿になれなれしくコメントしている
「気にしないようにしたいけど、軽薄な感じがムカつく(笑)」(20代女性)というように、Facebook上での異性とのやり取りが気にくわず、ひと悶着起こすカップルもいるようです。たとえ、恋愛に発展する可能性がゼロの相手でも、異性には控え目にコメントしたほうがいいかもしれません。

【6】忙しくて会えないはずの時間帯にどうでもいい投稿をしている
「激務とか言ってたのに、ゲームの記録が投稿されてた」(20代女性)というように、手が離せないはずの恋人が、能天気な更新をしているのを知れば、誰でもイラッとするもの。投稿内容にも注意が必要ですが、回数が多すぎるのも暇だと思われる原因となるので注意したいところです。

【7】ログインしているはずなのにレスが遅い
「元カレは結構うるさかった。『リアクションは?』って」(10代女性)というように、せっかちな恋人とのやりとりが面倒な場合もあるようです。マメな投稿が難しいときには、ログアウトして連絡を遮断するのが無難でしょう。

【8】恋人が変な顔で写っている写真を許可なくそのままアップする
「白目になっている写真を全世界に晒されるのは耐えがたい」(20代女性)というように、無断で不本意な写真をアップするのも、ケンカを招くおそれがあります。恋人だからといって、ノーチェックで写真を投稿するのは控え、お互い事前に確認をしましょう。

【9】デート中もFacebookばかり見ている
「電車の中でも、食事してるときもずっとスマホいじってる」(10代女性)というように、恋人そっちのけでFacebookを見ていて、険悪なムードを招くパターンです。少し手間でも、デート中はログアウトし、通知機能などもオフにしておいたほうがいいかもしれません。

写真やテキストをアップする前に、「見た人がどう思うか」をイメージすれば避けられるいざこざもあるのではないでしょうか。くれぐれも投稿は慎重にと、恋人と二人で約束しておくと安心でしょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/16 17:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます